スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
くまもと平家遺産めぐり【2】食すべし、「平家御膳」(八代市泉町)
2012 / 06 / 06 ( Wed )
熊本の平家伝説を語る上で、最重要スポットといえば、八代市泉町の五家荘(ごかのしょう)にある「平家の里」でしょう。

今回は、ちょっと前に行ったときの一部分をご紹介。
(長くなるので・・・)

熊本市内から「平家の里」までの道のりは、結構大変。
山道が苦手な人は、人吉から五木村経由で入られるのをおすすめします。

「平家の里」は、この地域に残る平家落人伝説を中心に、源平合戦のあらましから、五家荘の伝統文化までを学ぶことができる施設です。
(入場料400円)

この施設内にある食堂「山菜食堂」が私のおすすめ。

山菜食堂1

茅葺屋根の風情のある建物です。
ここの名物料理が「平家御膳」。
松竹梅と3種類から選べます。

今回食べたのは、「竹」(1500円)でした。
おばちゃんが一人で作られているようでしたが・・・

山菜食堂2

ほぼ地元の食材を使った料理です。
清流で育ったヤマメや山菜(野菜)の天ぷら、御飯から漬物に至るまで、すべて手づくり。
それらの中で私が感動したのは、小さめの御椀に入っている「そば」です。

おばちゃんが、「朝から急いで(そば)を打ったから、あまり上手くできなかった・・・」ということをさらりと言われていました。

そんな店、あまりないです。

熊本でこんな料理出したら、高級料亭並みの金額になるのでは・・・と思いました。
もちろん、味もサイコーです。

ここの素晴らしさを知っている人は、わざわざこの料理を食べに団体バスで来られるとか。
交通費や移動時間を考えても、その価値アリです。
(あくまでも、個人的感想なので、ご了承ください)

山菜食堂3

当日はあいにくの雨でしたが、それもまた情緒的な印象を受けてしまいました。
(運転はちょっと怖かったですが)

山菜食堂4

最後に、管理人らしきおじさんにお土産をいただきました。
自分で削ったらしく、羊羹などを食べるのにいいらしいです。

あまり詳しい情報を仕入れていないので、詳しくは問い合わせたほうがいいと思います。
くれぐれも安全運転で。

こちらのサイトをご参照ください。→ 平家遺産をめぐる旅ガイドブック(熊本県観光サイト・なごみ紀行)


より大きな地図で 検定に出ない熊本雑情報マップ を表示
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やつしろ全国花火競技大会のポスターデザインに応募しようかな・・・ | ホーム | くまもと平家遺産めぐり【1】源氏方武将の首を持つ相良観音(山鹿市菊鹿町)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/436-22e98b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。