スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
被災者の方々へのお見舞いと復興を願う火渡り【相良観音春季大祭】(山鹿市菊鹿町)
2011 / 03 / 15 ( Tue )
連日の報道で、東日本大震災の被害の大きさに胸を痛めているのですが、イベント等の自粛とともに、私たちにできることをしようという動きも活発になっています。
日本全体が暗い雰囲気になるのは仕方のないことですが、被災者の方々の命がけの日々を考えると、こちらが落ち込んでしまっては、復興も遅れてしまうのではとも思います。

今日は、山鹿市菊鹿町にある「相良観音」の春季大祭に初めて行きました。
安産や子授けの他、さまざまなご利益で知られるお寺です。
日本一の木造千手観音坐像でも知られています。(と思います)

春季大祭は毎年3月15日~18日に行われます。
今日はその初日でした。

お寺ではアナウンスが流れており、今回は災害の復興、被災者の無事等を祈願し、義援金も含め、お寺としてできることをやろうという気持ちが伝わってきました。

大祭の中の一つに「火渡り」があります。

相良観音春季大祭1

まずは、積み上げてある木の枝(杉?)に火を点けます。
この煙の量のすごいこと。

相良観音春季大祭2

風下の人たちは大変です。

相良観音春季大祭3

人々の願いが込められた護摩(木)が火にくべられ、その後、火渡りの準備へ。
丁寧に足場が作られます。(火傷しないように)

相良観音春季大祭4

相良寺の住職や修行僧のような人たちが先に渡ります。
さすがに平然とされていました。

相良観音春季大祭5

そして、一般の人たちが渡ります。(みんな裸足)
ほんとに熱そうで、足早に通り過ぎようとされる人もいましたが、それが却って足が熱くなるそうです。
泣きながら渡る子どもの姿も・・・。
何かを祈る余裕なんてなさそうです。

せっかくなんで私も、と思っていたのですが、行列が終了するとすぐに撤収。
機会を逃してしまいました。

ちなみに、参道には屋台なども並び、とても賑やかです。
お土産屋さんでは、野菜なども売られ、新鮮で安いと買って帰られる方が多くいました。
(相良観音せんべいも売れていました)

その中の一軒で、おいしいうどんをいただきました。
とてもおいしかったので時間を開けて2杯も!

火渡りは体験できませんでしたが、ご利益はあるかもしれません。
気持ちが大事です。はい。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<古代への扉はなかなか開かない・・・【永安寺東西古墳】(玉名市) | ホーム | 普賢岳がきれいでした。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/405-e8b265db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。