黄金が埋蔵されている?【疋野神社】(玉名市)その壱
2010 / 11 / 25 ( Thu )
ちょっと充電していました。
ようやく再開できそうです。

ここは神社ブログではありませんが、今回はある神社を紹介します。
(くどいですか?)

熊本県北部にある玉名市は、九州新幹線全線開業に伴い、駅(新玉名駅)ができるということで、にわかに活気づいている(←イメージ)地域です。
中心部近くにある「玉名温泉」の中に、「疋野神社」(ひきのじんじゃ)という大きな神社があります。

私は初めていきました。

疋野神社1

とっても大きな鳥居です。
七五三のシーズンは、神社も稼ぎ時のようです。
(あちこちに横断幕やのぼり旗が・・・)

疋野神社2

社殿へは、そこそこの距離の参道を進んで到着します。
(実際には車で境内へと入りました)
立派な社殿です。

すると、これまでの神社になかったことが・・・

ちょっと離れたところにある社務所のお守り等を販売している売店(←と表現していいんでしょうか?)から、「こんにちは」という挨拶が私に投げかけられました。
(結構離れているんですが・・・)
こちらも慌てて会釈。
驚きましたが、気持ちいいもんですね。

さて、いつものごとく境内を物色(?)。

疋野神社3

ミニ鳥居も立派です。

疋野神社4

神牛と書いてあります。(おさいせん箱付き)
牛は、五穀豊穣の使いとして古来より大切にされ、ここでは生活を助け、幸福をもたらすものとして奉納されたと説明してありました。
さらに、この神牛を撫でた手で、手・足・腰をさすれば、健康・長寿に効ありと云われているそうです。
最近腰の具合がちょっと思わしくないので、さっそく試してみました。
(そのうち効果が表れることでしょう)

このように、丁寧な説明があちこちにありました。

疋野神社5

ちなみにこれは狛犬の説明です。
初心者にもやさしい神社ですね。

疋野神社5

力石もどことなく品があります。

この神社から伝わる品格のようなものは何なのか、神社の説明板を読んで納得しました。

疋野神社6

後日ホームページで得た情報を加えて説明すると、

疋野神社の創立は景行天皇(12代、71年~130年在位といわれている)の時代より古いと伝えられ、2000年の歴史を持つそうです。
(具体的な年は定かではないようです)
主神は「波比岐神」(はひきのかみ)です。疋野神社は、有名な神社から勧請されたのではなく、大昔より玉名の地に鎮座の神様を祀っています。
また、平安時代の国の法律書「延喜式」(延長5年、927年)制定の神名帳(神社リスト)にも記載されている式内社で、阿蘇神社、国造神社とこの疋野神社の3社のみです。
とにかく格が高い神社ということのようです。

もう少し境内をウロウロしてみました。

疋野神社7

藤棚?なにかの舞台?「長者伝説のお宮『長者の泉』湧出中」と書かれた看板が置いてあります。
(詳しくは次回)

疋野神社6

別の鳥居です。「匹野宮」と書いてあります。「疋」ではなく「匹」です。
どんな意味があるんでしょうか。

疋野神社7

疋野神社の神紋でしょうか。
“ひまわり”のように見えますが・・・?

疋野神社8

脇に何かを焼いた跡がありました。
説明板がありました。
「たたら製鉄」を行った跡です。
主神の「波比岐神」は製鉄の神様とも書いてありました。
ここで造られた鉄を、「蓮華院誕生寺」で復元中の「南大門」の一部に使用されるそうです。神社とお寺という信仰の違いを越えた繋がりがあります。
すごいです。

疋野神社9

すぐ隣りにブランコが・・・。
「たたら製鉄」で造られた・・・わけはありませんよね。

こんな風にウロウロしていたら、再び「こんにちは」と声を掛けられました。
さきほどとは違う人です。しかも近距離。
宮司さんか、禰宜さんかは分かりませんが、ちょっと緊張しました。
(どこかに後ろめたさがあるのかも?)

「こういうところに来ると、心が落ち着くんですよね~」

思わず言ってしまいました。(本音です)

「そう言っていただくと、神様もお喜びになられますよ」

と神社の人に言っていただきました。
なんだか救われた気分になりました。

「あちらの鳥居の“匹”の字が違うんですが何でなんですか?」

せっかくなので聞いてみました。

「古い時代には“疋”の字がそう書かれていたようです。時代によって、違うようですし、そうする理由が当時あったのかもしれません」
(たしかこんな風な答えでした・・・)

その他にもいろいろと話を聞くことができました。
すばらしい神社です。
神社そのものの歴史や格だけでなく、人も含め、他にはなかなかない神社という印象でしたね。

最後に「疋野長者」の伝説に触れるのですが、長くなるので次回に紹介します。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<黄金が埋蔵されている?【疋野神社】(玉名市)その弐 | ホーム | こんな“ゆるキャラ”もあるんです。>>
コメント
----

おはようございます。
疋野神社の禰宜を御奉仕させていただく者でございます。
教えて下さいました方があり、拝見させていただきました。 あたりまえの事の大切さを改めて学ばせていただきました。 
有難く思います。
これより後も心を込めて御奉仕をさせていただきます。 
またいつでもお参りにおいで下さい。神様もお喜びになります。
貴殿を始めご親族ご家族ご友人に至るまで良い御加護のあります様、心よりお祈り致します。  拝
by: 疋野神社禰宜 * 2011/05/11 10:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

疋野神社禰宜 さまへ

ありがたいコメントありがとうございます。
(びっくりしました)
その時、“挨拶”は、人の心に届くもんだとあらためて気付いたことを思い出します。
信仰心で訪れたわけではないので、失礼な点もあったかと思いますが、また参拝に行かせていただきます。

by: 管理者U * 2011/05/13 17:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/392-17355ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |