相変わらずの不思議なイベント【鞠智城の日】(山鹿市菊鹿町)のひとコマ
2010 / 10 / 28 ( Thu )
10月23日(土)は「鞠智城の日」でした。
山鹿市菊鹿町にある「歴史公園鞠智城」(国史跡)の国営公園化を目指すキャンペーンの一環。
熊本県のいわゆる偉い人たちが集まります。
(それだけこの場所には力が入っているそうです)

そんなことはいいとして、昨年に引き続き、私なりに楽しみました。
(報道も多くあったので、メインの内容は省略します)

鞠智城の日1

車を停めて、会場まで歩いている途中に見つけました。
色も付いています!
マンホールの蓋ファンにはたまらないのかもしれないと思い、撮影しておきました。

よく見ると「軒丸瓦」という文字が書いてあります。
「のきまるがわら」と読み、屋根の軒先を飾る瓦で、朝鮮半島の影響を強く受けている証だそうです。
それがデザインされているんですね。
普通の人はまず分からないでしょう。

鞠智城の日2

と、そこに着ぐるみを数体発見。
熊本のゆるキャラ(1体を除く)が何やら相談しています。
「ころう君」「くまモン」「チヨマツ」「?(ロアッソのキャラ)」です。
「くまモン」がとても軽快に動いていたのが印象的でした。

鞠智城の日3

これが鞠智城のシンボルの八角鼓楼です。
この日は特別に登れるようでした。

鞠智城の日4

これは、のろし台です。
のろしリレーが行われました。

こんないい場所なのに、いまいちお客さんが少なかったのが気になりました。
おいしいものもいっぱいあったのに・・・。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熊本最古の石橋へ再び~石工のお墓も【日渡洞口橋、石工仁平の墓など】(山鹿市菊鹿町) | ホーム | しっとりとしたイベントもたまにはいいもんです。【名水名月茶会】(宇土市)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/388-b57b1071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |