スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
舟を繋いだ大樟が出迎えてくれる【小川阿蘇神社】(宇城市小川町)
2010 / 10 / 03 ( Sun )
とっても狭い合間を縫って立ち寄りました。

宇城市小川町にある「小川阿蘇神社」です。

私が知っていたのは、この神社の秋季大祭では、「獅子舞」「亀蛇」などが登場し、「八代妙見祭」のような祭りがおこなわれるということ。
(毎年10月15日のようです→宇城市ホームページ

何か面白いものでも見れるのでは・・・と期待しつつも、時間を気にしながら神社へと向かいました。

小川阿蘇神社1

正面から撮った写真ですが、左奥に巨木が見えます。

小川阿蘇神社2

根元から2つに分かれている巨大な樟です。(写真に収まりません・・・)
鳥居をくぐってすぐのところに説明板がありました。

小川阿蘇神社3
(↑写真をクリックすると拡大画像を見ることができます)

この樟と神社の由緒も説明してあるだけでなく、とってもとっても丁寧に説明してあり、感動しました。
難しい言葉が使われていると、カッコ書きでやさしい表現で説明してあるんです。

例えば、

 長久元年(西暦一,〇四〇年) ←まあ、これはよくありますが・・・

 分霊(神の魂の一部をいただく) ←なるほど。やさしいですね。

 八町三反三畝(約八・二六ヘクタール) ←今ならカッコ内だけでもいいと思います。

 霊樟(はかり知れない不思議な力のある樟) ←すごい樟というのが分かります。

 一周(ひとまわりして) ←ここまでは必要なかったかも・・・

とっても親切ですね。
他の神社も参考にしてほしいものです。

肝心な由緒について。(簡単に・・・)

創建は長久元年(1040年)で、阿蘇大宮司が阿蘇二の宮(ということは阿蘇都媛命)の分霊を祀り、社領を与えたとされています。
当時は、現在神社がある間際まで海でした。
分霊を運んできた船をつないだのが、現在の大樟で、「舟つなぎの樟(楠)」と呼ばれています。

この大樟にはいろんなエピソードがあるんですが、詳しくは、上の説明板をクリックするか、私がよく利用している下のサイトをご覧ください。(またしても手抜きですいません)
http://www.pref.kumamoto.jp/site/arinomama/funetunagi.html
(熊本県 地域発 ふるさとの自然と文化)

小川阿蘇神社4 小川阿蘇神社5

ほんとでっかい樟です。
「舟つなぎの楠」というプレートも設置してあります。

ところでクスノキには「樟」と「楠」と2種類の漢字を使いますが、どう違うのでしょう?
(突然疑問に感じたので・・・)

現に、ここの説明板には「樟」、木の根元にあるプレートには「楠」が使われています。
どっちでもいいということなんでしょうが、調べてみると、一般的には「楠」が使われ、“南方から渡ってきたもの”という意味があるそうです。元々は違う種類の木の名称だったらしいのですが、日本に伝わったときに、どうやら間違って付けられたそうです。
「樟」のほうは、“高く伸びる”という意味があったり、“日本古来のクスノキ”は「樟」と書くとあったり、「樟脳」(衣服の防虫剤などに使用)としての表記に使うなどいろいろと書いてありハッキリしません。

なんとなく分かりました。
一般的には「楠」かもしれませんが、神社などにあるのは「樟」が合っているような気がします。
(あくまでも個人的感想です)

元に戻ります。

小川阿蘇神社6

おしゃれな石段。

小川阿蘇神社7

階段を上がると、馬(オス)の石像が奉納されています。

小川阿蘇神社8

社殿です。
大きく“違い鷹羽の紋”が描かれています。(阿蘇神社の神紋)

小川阿蘇神社9

木片に「小川神社」と彫られた額です。
大樟の一部でしょうか。

小川阿蘇神社10

最後に境内から町を眺めました。
なかなかいい眺め。
そして目を閉じて、一面が海の光景を想像し、あの大樟に舟がつながっている情景などを思い浮かべました。
(ほんの1秒ほど)

今回時間があまりにも少なかったので足早にここを後にしました。
でも、周辺にはいろんな見どころがあります。
(その一つの水源は別の機会に紹介します)
商店街も近いし、お寺などもいくつかあります。

気分転換になりました。
またがんばります。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白玉粉は病が治る?【出水地蔵水源】(宇城市小川町) | ホーム | スランプ???>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/382-e8e02d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。