スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
神社も変遷し、代々受け継がれているんです【代継宮】(熊本市)
2010 / 09 / 01 ( Wed )
何度も言ってますが、決して神社仏閣めぐりをしているわけでもなく、それらを紹介するブログではありません。
何とぞ誤解のないようにお願いします。

とはいえ、神社に行かないわけでもなく、今回は仕事中に、北バイパス(国道3号)を通るときに何度も目にしていた看板「代継宮」(よつぎぐう)に立ち寄りました。
(たまたま今回は神社に行っただけです)

北バイパスの交差点「長蓮寺交差点」から入り、山を登るように「代継宮」を目指します。
「長蓮寺」というお寺はどこにあるか分かりませんが、「代継宮」よりも知名度があるんでしょうか。まずはそこ(交差点の名前)が気になりました。
(疑問解決ぜず・・・)

代継宮1

誘導看板に従い、ズンズンと(車で)坂道を上って行くと、そのうち到着します。
駐車場に車を停めて、まずは1枚撮影しました。

タイトルにも書きましたが、「代継宮」は、昔からこの場所にあったわけではありません。
最初は、熊本市中心部の花畑公園あたりにあったそうです。
そこには現在大きな樟がありますが、創建当時に4本のご神木を植えたので「四木宮」(よつぎぐう)と称し、花畑公園の樟はそのご神木の名残りと伝えられています。

代継宮2

創建は応和元年(961年)です。
その辺の詳しい由緒がきちんと説明してあります。(上写真クリックで拡大画像を表示)
加藤清正が、花畑町から白川河畔(本荘)に神社を遷しました。
(城から見下ろすのは恐れ多いとして・・・)
現在「代継橋」という橋が架かっていますが、この「代継宮」に由来しているそうです。
(へー)

その後、白川改修工事のために「代継宮」はさらに遷されます。
(そこには祠が残っているそうですが・・・)
そして平成元年(1989年)現在の場所へ。
ここは、「立田山東峰天拝山頂上」です。

「天を拝む山と言われるスピリチュアルなスポットに社殿を造営して遷座されました由緒深き古宮であります」

と由緒には書いてあります。
神社の由緒(看板)に今風(?)の表現が使用されているで珍しいと思いましたが、早くそれを感じたいと思いました。

その看板の横に、
代継宮3

「リラックマお守り」があるようです。
これまた今風・・・。

スピリチュアル(精神的な、霊的な)スポットを実感しようと、鳥居をくぐると・・・
代継宮4

境内は思いっきり工事中でした。
何でも、「代継宮1050年祭記念事業」の一環(庭の造成)らしいです。
残念。

代継宮5

それでもしっかりと社殿にて参拝。
由緒に書いてあるように、「四木宮」→「代継宮」へと名前を変えられた細川綱利公の自筆の額があるそうですが、後から知った話なので見逃してしまいました。
(それらしきものはありましたが・・・現物ではないかも)

このままでは帰れない(ネタ不足と思っていた)ので、ちょっとウロウロすると、石発見!
代継宮6

「力石」です。
最初は「りきいし」とつい読んでしまいましたが、「ちからいし」のようです。
写真にあるように、どちらがその石なんでしょうか。
手前の石(?)は、野球のボールをかたどっています。
奥の石は普通の石です。

「力石」は、神社や寺院等に昔からよくあるようで、力比べに使われたと説明がありました。
(どこかのサイトに・・・)
なので、両方ともそうなのかもしれません。

この時点で満足しました。

代継宮7

正面からの写真です。
深い歴史がある神社の雰囲気が伝わります。

庭が完成したら、また参拝に訪れたいですね。

↓参考までに、
代継宮ホームページ http://www.yotsugiguu.jp/index.html
(お守りの種類が豊富です)
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<いよいよファイナル「阿蘇まるごと検定」~いろいろ変わってますね。 | ホーム | がんばる“ゆるキャラ”「ころう君」&「チヨマツ」>>
コメント
--代継宮--

初めましてこんにちは。「代継宮」で検索してこちらのブログにたどり着きました。
代継宮さんのHPを制作しています。URLをリンクしていただきありがとうございましたmm庭園が完成し、先月『曲水の宴』が催されましたよ。今回熊本県では初の開催でしたが、事前の広告宣伝は殆どなされなかったようです…。詳細はHPやくまにちcomにも載っていますので、よろしければご覧くださいませmm
長々と失礼致しました。
by: linus * 2010/12/07 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 代継宮--

linus さんへ

勝手なことを書いてすいません。
「曲水の宴」・・・すばらしかったのでしょうね。
また参拝に行きたいと思います。
by: 管理者U * 2010/12/11 10:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

龍田に住んでいるのですが、こんな所があるのに知らずにいました!
連休中 暇だったので散歩気分で山道を散歩してたらたどり着きビックリ!
曲水の宴が行われていたらしく、賑やかさが ほんのり残ってましたよ。
龍田に住んで知らなかった十年…山道と代継宮に感動して、もっと知りたくなり検索したら、たどりつきました。
勉強になりました!
by: * 2012/05/04 15:53 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

○○ さんへ

ありがとうございます。
住んでいるところを知らない・・・私も実感しています。
車での移動が多いので、たまに歩くといろんな発見があります。
ささやかな発見ですが、うれしいですよね。
by: 管理者U * 2012/06/01 02:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/377-12958a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。