スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
すんなりとは参道を進めない神社【大原阿蘇神社】(菊池郡菊陽町)
2010 / 08 / 23 ( Mon )
旧国道57号、菊池郡菊陽町の豊後街道沿いにある神社に何気なく立ち寄りました。
この辺は、当時から残る杉並木でも知られています。

初めて知った神社で、立ち寄った理由は特にありません。
なんとなく引き寄せられるように車を停めました。

大原阿蘇神社1

「大原阿蘇神社」といいます。
いつものように、何か面白いものはないかと探しながら鳥居を見て、参道を歩きました。

大原阿蘇神社3

鳥居のすぐそばに、この地区の説明板が建ってます。
とても親切です。

大原阿蘇神社2

「新町」というこの地区は、細川忠利公によって造られた集落のようで、商業のまちとして栄えたそうです。
豊前街道沿いの宿場町としての役目もあり、高札場も設けてありました。
また、この地は低湿地で排水が悪く、樹木や作物が育たず枯れていたので「枯木」という名が生まれ、今でも地元では新町というより枯木という場合が多いそうです。
普通、悪いイメージの名称は使わなくなると思うんですが、逆なんですねえ。

大原阿蘇神社4

参道をちょっと進むと、橋が架けられています。
石橋?でしょうか。一跨ぎで越えることのできる水路(水はナシ)にアーチが架かっています。
なかなか面白いです。

大原阿蘇神社5

石柱には昭和11年と刻まれていました。
コンクリートのようにも見えましたが、どうなんでしょうか。
(たぶん石橋)
実用的な橋というよりも、装飾的な役割のほうが大きそうです。

社殿を目指し、参道を進みます。

大原阿蘇神社6



参道の先、社殿の手前に線路が通っていました。
JR豊肥本線でしょう。

へー、と思い、社殿へと進もうとすると、遮断機が降りはじめました。
列車が通るので当然です。
なんだか、社殿へ行くのを阻まれた気分に。

大原阿蘇神社7

そして列車が通過。
(そりゃそうだ)

途中、道路が横断している神社は見たことありますが、参拝しようと歩いていると、遮断機に行く手を阻まれる神社は初めてみました。
他にもあるのかもしれませんが、めずらしいでしょう。

列車が通り過ぎ、安全を確認した後、再び社殿を目指し歩きました。

大原阿蘇神社8

社殿の屋根がとても重厚そうに感じます。
その名の通り、阿蘇神社の摂末社の一つなのでしょう。
どことなく似ているような・・・

やっぱり旧参勤交代道沿いはいろいろと見どころ多しですね。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<がんばる“ゆるキャラ”「ころう君」&「チヨマツ」 | ホーム | 初めての「山鹿灯籠まつり」~2日目【山鹿灯籠踊り】(山鹿市)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/375-cb0f4005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。