スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
石門と水のまち①【円通寺石門など】(菊池市旭志町)
2010 / 08 / 01 ( Sun )
“石”の新しいジャンルとして注目していた“石門”にようやく辿りつくことができました。
菊池市旭志町にある「円通寺石門」です。
(ちなみに山鹿にも石門はあります ※旧ブログでちょっとだけ紹介)

国道325号から旭志方面へ入り、県道329号を進むと、道沿いに石門を発見。
すばらしい石組と曲線美にしばし見とれてしまいます。

円通寺石門1

以下、説明板より

 円通寺は寺伝によると菊池氏初代の藤原則隆が延久年間(1069~1074)に山城国の円通寺から本尊を移し開いたという由緒ある名刹である。
この石門は円通寺の表門にあたるが、これは天保(1830~1844)頃この寺を復興した自忍和尚により造られたものだと考えられている。

(以下略)

さらに詳しい説明は、「地域発 ふるさとの自然と文化」をご覧ください。

上の説明からすると、今から約170~180年ほど前に造られた石門ということになります。
門構えは、半円に近い石橋とは違い、下のほうが狭くなり、まさに円形です。
かなり高い技術が必要だったのではないでしょうか。

円通寺石門2

修復されているとはいえ、この緻密な石組はすごいです。

円通寺石門3

後ろからみたところ。
ちょっと分かりづらいですが、門の前には(おそらく)石臼(ゴリゴリと粉を挽くあれです)が敷いてあります。
理由は分かりません。
地区の人たちが使わなくなった石臼を集めて、“円”つながりということで敷いたのかもしれません。
余っただろう石臼が脇に置いてありました。

円通寺石門4

屋根部分もしっかりと造られています。
(角の反りなど)
全体的に唐風つまり中国の影響を大きく受けた建造物だそうです。
なんとなく分かります。

円通寺石門5

門をくぐり奥に進むと、左手にハス池がありました。

ちょっと時期が過ぎているし、ハスは午前中に咲く花だと聞いていたので、期待はしませんでしたが、いくつか花を見ることができました。
花に近づいて写真を撮ろうと思い、上の頼りない橋を恐る恐る渡りました。
鉄板ですが、このハス池のために架けられたもののようには見えません。
廃材を利用したのかも・・・

円通寺石門6

無事花を撮影。ちょっと遅かったようです。

ハス池を過ぎ、さらに奥へと進みます。

円通寺石門7

「鞍岳馬頭観世音円通寺堂」がありました。
隣りには、立派な牛の像が奉納されていました。
比較的最近の像です。
旭志と言えば「旭志牛」(味彩牛)をはじめ、畜産が盛んな地区だと記憶しています。
(口蹄疫の影響も大きかったことでしょう)

円通寺石門8

その先にあるお堂が、現在の円通寺だと思われます。

円通寺石門9

お堂の脇にも、石臼が敷いてありました。
ほんとにたくさんあったんですね。

円通寺石門10

そこから山肌を見ると、不思議な文字が描かれています。
(石門からも見えました)
どんな意味なんでしょうか。

後から調べてみると「大悲」と書かれているとありました。(※右が「大」で左が「悲」)
そして、ネットの辞書によると、
(1)衆生の苦しみを救おうとする仏・菩薩の広大な慈悲の心。
(2)観世音菩薩の別名。

だそうです。
江戸時代後期に書かれたという説明を読みましたが、あの白いものは何なのでしょうか。
ペンキでしょうか。(実際、日本には江戸時代後期に伝わったらしい・・・)

円通寺石門11

さらに、「岩本円通寺八十八ヶ所」の立て札がありました。
この周辺で八十八ヶ所めぐりができるようです。
(さすがに行く気にはなりませんでした)
八十八ヶ所開基には、地区の方々の熱心な信仰心と労力、月日が注がれています。

↓この説明を見るとよく分かります。

円通寺石門12

ちなみに・・・

円通寺石門13

これが「一番 霊山寺」

円通寺石門14

そしてこれが「八十八番 大窪寺」
ぜひ、挑戦してみてください。
それぞれ2体ずついらっしゃいます。

円通寺石門16

石門の隣りには小さな稲荷大明神が祀られていたので行ってみました。
赤く塗られた社の近くに・・・

円通寺石門17

「四十九番 浄土寺」と、ありました。
一体どんなルートで八十八ヶ所まわるのでしょうか。
たまたまだったのですが、普通の人は気付かないと思いました。
まあ、そう簡単ではないということなんでしょう。

「円通寺石門」そのものもとても素晴らしい石造物でしたが、それ以外にも地区の方の信仰心が伝わり、心打たれる場所でした。

石門以外にも近くには見どころ(←私的に)があるのですが、長くなるので次回へと続きます。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<石門と水のまち②【菅原神社、姫井橋など】(菊池市旭志町) | ホーム | 県外なので、ほんのちょっとだけ【吉野ヶ里遺跡】(佐賀県吉野ヶ里町)>>
コメント
----

「地区の方の信仰心」、確かにですね。
造詣の良し悪しはそれぞれなんですけども
確かにその地域の人々の(何らかの)思いがひしひしと伝わってきますね。
管理人さんは何かいいことありましたか?(寺社めぐりの功徳で)
by: HN * 2010/08/03 22:32 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

HN へ

コメントありがとうございます。
いいことは大小ありますが、寺社めぐりとは無縁だと思ってます。
むしろ逆(バチが当たりそう・・・)を心配するばかりです。
賽銭もケチってますし。
by: 管理者U * 2010/08/04 11:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/368-cfe6f610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。