スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
仁王像を求めて・・・解決編【岩隣寺、菅原神社】(山鹿市)
2010 / 05 / 24 ( Mon )
おまたせしました。
迷走を続けていた仁王像探しもようやく完結します。

実をいうと、前回の「二宮大明神」の後タイムアップを迎え、出直し捜索となりました。
今回は、ネットで場所をチェックし、ダイレクトにその場所へと向かいました。
あいにくの雨ですが、仁王像に出会えると分かって行くので、それほど苦にはなりません。

岩隣寺

ということで、いきなり仁王像の登場!

ここは神社ではなく「岩隣寺」というお堂です。
山鹿三十三観音の一つでもある「岩隣寺」は、珍しい板碑レリーフの観音様がいらっしゃいます。
ちなみに“レリーフ”とは英語で、“浮き彫り”という意味です。
一般的に使われているようで、実際は意味を知らない人も多いんじゃないでしょうか。(私が知らなかっただけかも・・・)
そもそも何故英語が使われているか理解できません。
“板碑浮彫観音像”のほうが、歴史を感じさせてくれるし、日本的だと思うんです。

岩隣寺2

お堂の中の下の部分が板碑レリーフ(浮き彫り)の観音様です。
この観音様がご本尊といわれています。

岩隣寺3

板碑部分のアップですが、ちょっと分かりづらいですね。
説明含め、山鹿市の観光情報サイト「山鹿探訪なび」に分かりやすい写真が掲載されていますので、そちら↓をご覧ください。
http://www.city.yamaga.kumamoto.jp/kankoh/03-rekishi/ganrinji.html

で、仁王像に戻ります。

岩隣寺仁王像1岩隣寺仁王像2

右側が「阿」(あ)で、左側が「吽」(うん)です。
「阿」のほうは、残念ながら腕がとれていますが、「吽」は迫力があります。
なんだか偉そうです。
それにしても、もし腕が残っていたら、どんなポーズをとっていたのでしょうか。
おそらく、片腕を上げて、もう片方は下げていたでしょう。
(他の仁王像から推測・・・)
それとも、ガッツポーズかもしれません。
残念は残念ですが、そんな想像ができるので、まあいいのかもしれません。

岩隣寺"仁王像3"

これは背中です。
意外と薄っぺらいんですね。
背中も大事ですよ。はい。

菅原神社

「岩隣寺」の目の前にある「菅原神社」(天満宮)です。
仁王像はもともとこの神社にあったそうです。
何故移ったのかは不明でした。

せっかくなので、ちょっと覗いてみることに。

菅原神社2

楼門を覗いてみると、台座らしきものがありました。
仁王像があったにしては小さいですね。
何かがあったのでしょう。

菅原神社3

彫刻が立派な狛犬です。
存在感があります。

菅原神社4

雨で濡れているせいでしょうか、“なんだ!”と怒鳴られそうな表情です。

ともかく、迷走の末ようやく仁王像に辿りつきました。
なかなかのもんでしたね。
珍しい板碑レリーフの観音様も拝むことができましたし・・・。
結論として、価値ある迷走だったということでしょう。

次の仁王像を求めて、またあちこち行きたいと思います。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<石のお導きか?石橋と古代寺院跡をめぐる①【山崎橋】(宇城市) | ホーム | 仁王像を求めて・・・迷走⑤【二宮大明神】(山鹿市)>>
コメント
----

こんばんは。
ついに仁王象に会われましたね、おつかれさまでした。
板碑レリーフ観音様とは珍しいですね。
狛犬の迫力ある表情には圧倒されます、いろいろ後ろめたいもんで(笑)
by: ゆったり人 * 2010/05/26 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ゆったり人 さんへ

いつもありがとうございます。
ようやく出会うことができました。

後ろめたさは、私もいつも思っています。
厚い信仰心から神社に行っているわけではないので・・・。

たまに、心の中で“ごめんなさい”とつぶやくこともありますよ。
by: 管理者U * 2010/05/26 18:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/355-06732c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。