スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
たまにはお寺もいいもんです【春光寺】(八代市)
2010 / 02 / 14 ( Sun )
熊本のいろんなところに立ち寄って、面白いものを探しているんですが、神社に行くことは多くても、なかなか仏閣は少ないんですね。
神社は無人であったり、参拝者が普通にいたりするので、どちらかというと気兼ねなくウロウロすることができるんです。(寂しい時はありますが・・・)
でも、お寺はなかなかそうはいきません。
廃寺でないかぎり、住職さんが住んでいる訳ですから。
ウロウロしていると、「何か御用?」という声が掛かるんじゃないかと気にしてしまいます。
堂々とすればいいことなんですが、個人的な趣味及びブログのネタに・・・と思うと、なぜか後ろめたさを感じてしまうんですよね。立派な紹介もできないですし・・・。

でも、今回は思い切って立ち寄ることにしました。
八代市の古麓地区にある「春光寺」です。
(ようは八代神社、懐良親王御墓の続きです)

「春光寺」は八代城主だった松井家の菩提寺です。
先に細川忠興が八代城主だったことを書いたかと思います。
細川忠興が正保2年(1645年)に没した後は、筆頭家老だった松井興長が八代城主となり、以後松井家が代々城主を継ぎました。

※松井家に関する詳しい内容はこちら→八代市立博物館ホームページ

春光寺4

これが「春光寺」の入口です。
石段と奥の門と塀に歴史を感じますし、とても立派です。
でも、手前にビニール紐が張ってありました。(立入禁止?)

春光寺3

短いですが石橋です。
向こう側に崩れないように応急処置が施してありました。
渡ると危険ということなんでしょう。

上の駐車場に車を停めました。

春光寺1

下から見えた立派な門は、かつて八代城三ノ丸に米を保管する蔵屋敷「永御蔵」が建てられており、そこの「御門」と「番所」を昭和61年に移設したものだそうです。(案内板より)
番所の方は、資料室になっているようですが、残念ながら鍵がかかっていました。

本堂へは、ここから階段を上がるのですが、手前の左手に家があります。
迫力ある不動明王(らしきもの)の石像が目を惹きます。

春光寺10

「花屑?」と書いてありました。「?」部分は達筆過ぎて分かりませんでした。
「庵」のような気もするし・・・
大根が干してあったので、どなたかが住まわれているのでしょう。

春光寺案内板

案内板↑を読んで、本堂の外観を“そろっと”拝見。
(“そとっと”し過ぎて、写真撮るの忘れてました・・・)
建物の一部には、すばらしい彫刻や襖絵が残っているそうです。

春光寺9

本堂の写真はありませんが、「利休袈裟形御手水鉢」というものが置いてありました。
細川忠興は、文化人としても優れた人だったようで、茶人「千利休」高弟として「利休の七哲」と呼ばれていました。
その縁の品なのかもしれません。(そうでないかもしれません)
それにしてもデカイです。

本堂から左手に入り、松井家の御廟を訪ねることにしました。

いろんな碑があるのですが、途中こんなものもありました。↓

春光寺8

何語かすら分かりません。(ロシア語?)
なので、何の碑かも分かりません。
それでも、長い年月を経ている由緒あるお寺だけに、さまざまな歴史があるのだろう・・・と感じました。

春光寺5

御廟に上がる階段脇の石垣です。
城主の菩提寺の石垣にしては、ちょっと荒い気もしますが、味はあります。
ひょっとしらら、近くにある名和氏・相良氏時代の古麓城関連の石垣なのでは・・・と想像してしまいます。
(※古麓城についてはこちらをどうぞ→八代市ホームページ

春光寺6

立派な御廟です。(合掌)

春光寺7

松井家の代々及び縁の人の御墓です。
さすがに大きいですね。
ただ、形や大きさがほぼ揃えられているというのが面白いですね。

また、ここには宮本武蔵の自筆の文字を刻んだ「戦気」の碑が建っています。
松井家と武蔵・・・これもまた深い関係があるのです。
この辺の話は、また追加調査を行った後にまとめて紹介できればと思います。
(未定ですが・・・)

たまにはお寺もいいなと思いました。
(でも、やっぱり気が引けます)
「春光寺」は紫陽花(あじさい)の見どころでもあり、「紫陽花寺」とも呼ばれているとか。
行くのなら、紫陽花がきれいな時期がいいかもしれません。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

その他の記事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<残念無念・・・八千代座100周年キャラ | ホーム | 静寂の中に独特の空気が漂う【懐良親王御墓】(八代市)>>
コメント
----

こんばんは。
確かに神社とお寺では雰囲気だいぶんと違いますね。
私もお寺のちょっと心霊的雰囲気もあってあまり訪れません。
ずいぶんと前ですが、観光ガイドにも載っていた日田のお寺を訪れて、本堂のある門の中に入っていったら女性(奥さん?)が急に出てこられ、挨拶しようとしたら「声をかけてください!」と強い口調で言われ、あ、どこか書いてあったんですかね...とすみません的に言う途中から「声をかけてください!!!」と、常識でしょ、って感じ再度言われて、帰った記憶があります。
確かに住んでありますしねぇ...
by: ゆったり人 * 2010/02/18 00:37 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ゆったり人さんへ

そうなんですよねえ。
まあ、どこに行っても人に会ったら“挨拶”はするように心がけてますけどね。
それで何か言われたら、そういう場所ということなんでしょう。
でも、お寺は基本的にイイ人が多いという印象です。
by: 管理者U * 2010/02/20 21:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/338-e1c37705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。