スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
幻想の灯【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】(山鹿市)始まりました。
2010 / 02 / 07 ( Sun )
昨日の2月6日(土)は、「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」という山鹿市の中心部「八千代座」及び豊前街道周辺でおこなわれている灯りのイベントに行きました。
このイベントは、2月の毎週金・土曜の夜に行われています。

※詳しくは→山鹿灯籠浪漫・百華百彩公式サイト

ここの“灯り”の特徴は、竹灯籠と和傘の組み合わせ、そして、八千代座での山鹿灯籠踊りや太鼓などの公演(有料)です。山鹿灯籠踊りもまた“灯り”なので、うまく調和しています。

昼間は天気もよく暖かかったのですが、日が落ちてくると共に気温もグッと下がってきました。
家族3人、ちゃんと防寒していたんですが、駐車場で車を降りた途端「寒い、寒い」を連呼。
身体が縮こまってしまい、豊前街道を進む足取りも重く、なかなか灯りが見えてきません。
街道に沿って、ちらほらと竹灯りはあるんですが・・・

でも、八千代座が近付いてくると、雰囲気は一変します。
たくさんの灯りが待ち受けていて、その幻想的というよりは、“あったかな”光景に目を奪われてしまいます。
ほんとうに寒さを感じなくなりました。(歩いたから?)

百華百彩1 百華百彩2百華百彩3 百華百彩4

もっといろいろ見どころはあるんですが、なかなか撮影も難しくて・・・。
というか、たくさんの人が訪れていたんですが、その約半数はカメラと三脚を持ったカメラマンでした。
(私のような一般人から、アマチュアカメラマン、おそらくプロカメラマンまでいろいろ)

百華百彩14

なので、見どころの前では↑こんな状態。(分かりますか?)
それだけ、画になる光景がたくさんあるということなんでしょう。

さて、私たちは、ただ観るだけでなく、何か手伝いができないかと思い、チャッカマンを片手に歩きました。そして関係者の方の了解をいただき、消えているろうそくに火を付けていきました。

百華百彩2

風が吹いてなかなか点きません。(点いてもすぐ消えてしまいます)
でもなかなか楽しかったですね。

DSC_0022_20100207085749.jpg DSC_0019_20100207085750.jpg

途中でお店に入り、甘酒(100円)をいただきました。
おじさんがお土産を売っていたのですが、そこが普段何をしているお店なのかは分かりませんでした。
甘酒を飲みながら、ストーブの前で暖をとっていると、お客さんが少なくなったときに、「これはとても貴重なものだけど・・・」と言って、何やら渡されました。

百華百彩3

真ん中の「八千代座組合」と書いてある木製のものがそうです。
拍子木と呼ばれるものでしょう。(幕が開くときに音を鳴らす道具)
古くてとても貴重なものらしいのですが、「壊さないように」と注意を受け、特別に音を出させていただきました。
木を合わせる面がカーブしていて、中々きれいな「カーン」という音が出せません。
結局、おじさんのお手本を見せていただきました。
(おじさんも何回か失敗していましたが・・・)

ほんと、貴重な体験です。

百華百彩4

着物の貸衣装をしているお店です。
小物も売っていました。
着物姿の女性っていいですよね。新鮮です。

百華百彩5

これは山鹿灯籠を制作・販売しているお店です。
すべて紙でできているなんて、あらためて感心しました。
家もあります。
そこで、お店の人に聞いてみました。

「自分が建てた家と同じものを、山鹿灯籠で作ってもらうことって、できますか?」

「むずかしいですね」

やっぱりですね。
というか、自分の家を建てることが一番難しいし・・・。
くだらない質問をしてすいませんでした。

百華百彩6 百華百彩8
百華百彩13 百華百彩7

灯りのモニュメントはバリエーションも豊富。
文字が光る竹灯籠(左上)や横位置で飾られたもの(右上)、門松が違和感なく(?)置かれたもの(左下)、小さいおひなさまが竹の中に入っているもの・・・などなど。
これらは、期間中に増えていくそうです。
(なので2月後半が最も見ごろかも)

駐車場近くの「百花堂」という建物では、「紙あかり展」が行われていて、大学生(デザイン科)が紙で作った灯りが展示してありました。

百華百彩9 百華百彩11

どれも結構凝っています。
一つひとつにタイトルと説明が書いてありました。
ちなみに上右の写真の紙あかりのタイトルは何でしょうか。
凍った滝をイメージして造られています。

答えはこちら→画像
うーん。学生らしいです。

ちょうど夕食どきでもあったので、近くで食事を摂りました。
行くところは決めていました。
以前ご紹介したこともあるイタリアン&ステーキのお店です。
画像ナシでお届けするグルメルポ <イタリアン編>
そのままの流れで歩いて行けます。

もちろん味はサイコーでした。
お土産に番付表もいただきました。

今回は、八千代座内のイベントは観ませんでしたが、とってもすばらしいと聞きました。
行くなら、ちょっと早い時間がいいと思います。
余裕があれば、点灯作業を手伝うとさらに楽しめます。
十分な防寒をしてお出かけください。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<境内をぐるっと見てみると・・・【八代神社(妙見宮)】(八代市) | ホーム | 一般公開に向け準備中!世界遺産登録を目指す【万田坑】(荒尾市)の魅力にせまる。>>
コメント
----

行きたいと思って行けてないイベントでございますねぇ...
見所豊富そうですね、今年は行けるかなぁl~
それにしても滝川クリスタル...
作品も斜め45度が最良になっているものと思いまするが、いかがでしたか(笑)
by: ゆったり人 * 2010/02/07 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ゆったり人さんへ

確かに・・・斜め上から見るのを忘れてました。(笑)

このイベントは、1ヶ月(金曜と土曜)あるので、ぜひどうぞ。
雨が降らないといいですけどねえ~。
by: 管理者U * 2010/02/10 00:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/334-17857dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。