スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
地元の人たちの信仰力を強く感じる【御宇田神社】(山鹿市鹿本町)
2010 / 02 / 01 ( Mon )
前回の続きです。
なので、前回を読んでいない方は、こちらから先に読まれることをおススメします。
(と書きながら、観客のいないステージで挨拶している気分・・・)

さて、「御宇田井手」(みうたいで)の「扇形分水」という衝撃の発見からスタートした山鹿市鹿本町での寄り道も「御宇田神社」で終了。
一応弁解しておきますが、(前の記事も含め)今回の内容は一日で全部行っている訳ではありませんので・・・ちゃんと仕事に支障をきたさない程度の寄り道のとどめていますので、あしからず。

なんか自分に言い聞かせている出だしですが、本題に進みます。

天気も良かったので、お昼の休憩を兼ねて立ち寄ったのが、山鹿市鹿本町の「御宇田神社」(みうたじんじゃ)というところです。
国道325号からちょっと中(北側)に入ったところにあるんですが、鳥居や社殿の一部を見たことはあっても、名前までは知らないようなマイナー(だと思います)な神社です。

駐車場が広くて驚いたのですが、看板を見ると、どうやら公園やグラウンドが周辺にあり、それらを利用する人たちの駐車場も兼ねているようです。

御宇田神社1

御宇田神社2

参道から少し入り、正面から見たところ。
鳥居も楼門も社殿も結構立派でした。

御宇田神社3

ここも巻き柿型のしめ縄ですが・・・先の神社と違うのは、鳥居の額の上に乗っけてあるようにして設置してあるということ。まあこちらのほうが安定して見えますね。

御宇田神社4 御宇田神社5

「日岳五社宮」と同様に細身の狛犬です。
同じ石工の作でしょうか。
右側は楼門です。

御宇田神社6 御宇田神社8

その楼門の横に、石灯籠の頭部分のようなもので蓋がされている箇所がありました。
昔の井戸の跡かもしれません。
社殿(上右写真)は比較的新しそうでした。でも立派な造りです。
どの神社も立派なので、この辺りは、昔から豊かな土地柄だったのかもしれません。

御宇田神宮由緒g

ここの神社にはきちんと由緒が建っていました。(ホッ)

御宇田神宮は、光孝帝仁和二丙午年伊勢・熊野・八幡三社を勧請す。其後四経帝仁治元年阿蘇一宮を合祀し四座一殿として御宇田大明神と号す。

つまり、「仁和二丙午年」(※丙午/ひのえうま)、西暦886年に基となる神社ができ、「仁治元年」、西暦1240年の「御宇田神社」となったということでしょう。いずれにしてもとても長い歴史がある神社だということが分かりました。

また、文中に「毎年お花畑に罷り出て玉串差し上げ・・・」とありますが、硬い内容の由緒の中にあって、ここに出てくる「お花畑」という言葉がとても印象に残りました。
美しいお花畑があったんでしょうね。

この神社で一番印象に残ったのは下の写真。

御宇田神社17 御宇田神社16 御宇田神社15
御宇田神社13 御宇田神社14 御宇田神社12
御宇田神社23 御宇田神社22 御宇田神社21
御宇田神社19 御宇田神社24 御宇田神社18

この写真は見ての通り、「○○を奉納した」とか「○○を改修した」ときに建てた記念碑です。
かなりたくさんあります。
(猿田彦が混ざっていますが・・・)
特に古い碑は、神様や歴史ある石碑との区別が非常に分かりづらいです。
(改修記念碑に手を合わせたり・・・)

地元の方(氏子の皆さん)の信仰心が厚いことはとてもよく分かるのですが、いささか前に出過ぎというか、もう少し考えて建ててほしいというか、そんな感じがしました。

でも、なるほどと思うことも。
今では名前を書くときに“あいうえお順”で書いたりしますが、昔は“いろは順”だったんですね。
そんなことに気付く程度ですが、一応「なるほど」と思いました。

御宇田神社25

最後に社殿の天井です。
いろんな画が飾ってあります。(奉納されたものでしょうか)

正面に「御宇田宮」の文字が書かれています。
誰が書いたのか分かりませんが、とても達筆です。
それにしても、「御宇田神宮」「御宇田社」「御宇田宮」「御宇田神社」といろいろと呼び方があるようです。でも、私の性格としては一つに統一してほしいですね。
人の名前の「○○様」「○○君」「○○さん」のようなものなんでしょうか?
だとしたら(←しないと思う)、「神宮=様」「神社=さん」「宮=くん」「社=ちゃん」といったところでしょうか。あくまでも私の印象です。

いやー神社って奥が深いですね。

下の地図を参考にしてください。

より大きな地図で 御宇田井手といろいろ を表示
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今日は節分、「恵方巻」の日 | ホーム | 熊本最古の用水路?扇形分水と神社いろいろ【御宇田井手】(山鹿市鹿本町)>>
コメント
----

こんばんは。
鹿本から菊鹿とけっこうウロウロしてますが、こちらは行ったことがないです...
近くを流れる川の上流では、高校のときの生物の先生と魚とりをしたことを思い出します^^
by: ゆったり人 * 2010/02/02 01:19 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ゆったり人さんへ

内田川をはじめ、きれいな川が流れていますよね。
矢谷渓谷、岳間渓谷などもサイコーです。
(ちょっと遠いですが・・・)

地元の方ならではの、おススメスポットがあればぜひ教えてください。
by: 管理者U * 2010/02/03 17:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/329-dda00b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。