スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
今年は元旦に三社参り【高橋稲荷神社・六殿宮・粟嶋神社】<後編>
2010 / 01 / 04 ( Mon )
というわけで、三社参りの後編をお届したいと思います。

熊本市となった旧富合町にある「六殿宮」は、国指定重要文化財の楼門があることで知られています。(が、私の母親は知りませんでした・・・)
でも、隣りにある「木原不動尊」のほうが有名のようです。

この楼門と、のんびりとした雰囲気が好きなので毎年参拝しています。

六殿宮の概略は下記の通りです。

木原六殿宮は、治承2年(1178)に、平重盛・武蔵の六孫王権現を歓請したと伝えられ、守富荘をおさめた木原氏の氏神だったらしい。
楼門は天文18年(1549)に宇土城主名和氏が建てたもので、屋根は入母屋造のかやぶき、その他巧みな手法と複雑な装飾は、室町時代の典型的な建築の様を示している。明治40年に国の重要文化財に指定された。
加藤清正は慶長5年(1600)9月、宇土城を攻撃したとき、木原を通り楼門が焼けていないところから、由緒ある神社が無事だったことを喜び、「当神社に対する軍勢の乱暴、放火、竹木伐採を禁じ、違犯者は厳罰に処す」旨の制札を慶長5年10月6日境内にたてさせた。今に残るこの制札は、たて36.7cm・よこ51cm・厚さ0.8cm、上部を山形に切り落とし、かすかに墨色をとどめる。
例年、10月9日の大祭で古式豊かな木原神楽と流鏑馬(やぶさめ)・馬追いが奉納される。

熊本市富合町合併特例区ホームページより)

六殿宮

大きな楼門ではありませんが、品格がありますね。
春になると桜が咲き、さらに美しい光景となります。

しかし・・・ここでも甘酒の販売は終了していました!
(うーん2連敗)

おみくじは引きませんでしたが、娘が絵馬を奉納しました。

六殿宮2

自分の名前と自分の姿を描いただけです。
神様に伝わるかどうか心配です。
(一応、おばあちゃんが家族の健康を願い書き足しました)

だんだん暗くなってきたので、次へと急ぎ移動。
最後の目的地である宇土市の「粟嶋神社」へ行きました。

粟嶋神社1

到着したときはだいぶ暗くなってきていて、神社の関係者の方が片づけをしている最中。
当然甘酒はありません。(なんと3連敗!)

「粟嶋神社」についての説明は、神社の公式サイトがあるので、そちらをご覧ください。
粟嶋神社公式サイト

ここはミニ鳥居で有名です。
くぐると様々なご利益があります。イメージとしては女性がくぐると子授けや安産、良縁などにご利益があると思っていました。
200年の歴史があるそうですが、日本一小さい鳥居というのは初めて知りました。
(鳥居の定義が知りたくなります・・・)

粟嶋神社2

娘は楽々通過。
おばあちゃんはなんとかくぐり抜けました。
嫁さんは参加拒否。

粟嶋神社3

これは合格祈願のミニ鳥居です。
受験生が多く訪れるそうです。
いろいろ考えますねえ。

ちょっと前の記事でも書きましたが、粟嶋神社には年間26万人もの人が参拝に訪れます。
特に毎年3月3日の大祭が賑わうようです。

↓おまけ
粟嶋神社4

駄菓子が数種類販売されていました。
写真は懐かしい「すずめのたまご」です。(「すずめ」と表記されていましたが)
よく見ると「撤饌 粟嶋神社」のシールが貼ってあります。

(どういう意味でしょう?)

最初は、「徹底して選んだ」と思いましたが違うようです。(漢字が違うし・・・)
「撤饌」とは、「神前の供物を下げること」と辞書には書いてあります。反対の言葉で「献饌」という「神前に物を供えること」というのがあります。
ということは、一旦神様にお供えしたもの下げて、我々がいただくということになります。
一般的にはお酒や魚、米などだったと思うのですが、時代の流れでしょうか、駄菓子など神社で販売されている食品に付けられることも多くなってきたのでしょう。

なので、ただの「すずめのたまご」とは違います。
ありがた~い「すずめのたまご」(ここでは「すずめ」です)なんですねえ。

三社参りの大きな楽しみの一つである“甘酒飲み比べ”ができなかったことは残念でしたが、無事お参りすることができたので、今年もきっと良い年になることでしょう。

ただ、未だに家の本棚の上には昨年買った高橋稲荷神社の破魔矢が飾ってあるんです。
(持っていくのを忘れてました)

それがちょっとだけ気がかりです・・・。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ついに出ましたか・・・ | ホーム | 今年は元旦に三社参り【高橋稲荷神社・六殿宮・粟嶋神社】<前編>>>
コメント
----

熊本では三社参りされる方が多いんですね。
甘酒は残念でした。

粟島神社の鳥居くぐり、奥様は参加されなかったんですか?
私も去年なんでもない時に行ってどうにかくぐり抜けました。
くぐっているのを人に見られるのはかなり恥ずかしいものがありますが
思う事があって体験してきました。
ご利益のほうはわかりませんが、くぐっておいてよかったと思っています。

今年もちょっとおもしろい情報、読ませていただきます。
よろしくお願いします。m(_ _)m
by: とっちん * 2010/01/05 14:48 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

とっちんさんへ

三社参りって、独特の風習なんですか?

→調べたら、九州や中国地方だけのようですね。知りませんでした。

甘酒は残念でしたが、面白いこともいろいろあったので、楽しかったです。
ちなみに粟嶋神社(淡島神社、粟島神社など)のミニ鳥居は県内各地にあるようですね。

こちらこそ、よろしくお願いします。
by: 管理者U * 2010/01/07 09:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/317-6a9188a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。