スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
画像ナシでお届けするグルメルポ <四川料理編>
2009 / 12 / 30 ( Wed )
旧ブログを含め、何度か熊本の四川料理について採り上げたことがあります。
日本における中国料理の祖である陳建民氏の弟子であった斉藤隆士氏(ホテルキャッスル熊本社長)が熊本で長年活躍されたことで、その流れを汲む多くの料理人が県内各地にいるのです。

そのため、意外と知られていませんが、熊本には美味しい四川料理を食べることのできるお店が多い(らしい)のです。

と、前置きをして、さっそく今回も必死にがんばります。

では、どうぞ。


今回のお店は熊本市小山にある「K絲猴」です。
熊本市動植物園にいる猿で「西遊記」に登場する孫悟空のモデルになったともいわれている動物の名前です。
パンくんではありません。

このお店は、今回が3回目。

辛いのが苦手な私は、あまり四川料理なんて食べないのですが、中国料理は全般的に大好きなので、メニューを選びながら足を運んでいる次第です。

そして、(おそらく)今年最後の家族での外食として「K絲猴」を選びました。
娘は「ピザ、ピザ」とうるさかったですが・・・「K絲猴に行くよ」と言ったら少し大人しくなりました。動物園で見たことがあるらしく、会えるわけではないにしても、どことなく楽しみな気持ちになったのでしょう。

お店へ着いたのは、午後8時。
混雑を予想していたのですが、全面ガラス張りから見えるテーブル席にいくつか空席があったのでホッとしました。
お年寄グループ、子ども連れの家族、カップルと様々な世代のお客さんがいました。
客層の幅が広いお店って、(味や価格など総合的に)信用できるお店という印象を受けますね。

お店に入るとすぐ左手のテーブル席に案内されました。
右手にはお座敷があるようで、宴会が行われているようでした。
(結構静かに・・・)

娘が「K絲猴いないねえ」と残念そうに言います。
絵や写真くらいあるかなあ、と期待していたんですが、無いものはしょうがありません。

ところで、中国料理のお店に行くと、いつもメニューの選び方に困ってしまいます。
ランチなどがあるときは別ですが、夜のコースは高くて手が出せません。なので、単品注文になってしまうのですが、一皿一皿がそれなりの金額なんですよね。
でも、あれもこれも食べたいと思ってしまうので、とても悩むところです。

今回も悩みに悩んで、

・豚肉とキャベツの味噌辛子炒め(1100円)
・棒棒鶏(バンバンジー)
・紋甲イカとエビのミルクソース炒め
・五目あんかけ丼
・カニとレタスの焼きめし

を注文することにしました。(上メニューは正式な料理名ではない可能性が高いです。すいません)

メニューには「豚肉とキャベツの味噌辛子炒め」と「棒棒鶏」のところに「辛い」と書いてありました。
(何度も言いますが)辛いのが苦手な私は、「豚肉とキャベツの味噌辛子炒め」を注文するときに、お店の人(女性)に、

「あのー、この辛さを抑えることってできますか?」

とお願いしました。
この時点では当然「できます」または「できません」のどちからの返事があると思っていました。

すると、お店の人(女性)は、

「できますけど、おいしくないですよ!」

とキッパリ。

まさか、自分のお店の料理を「おいしくない」と表現するとは思わなかったので、聞いた私がちょっと混乱してしまいました。

「辛いのが苦手でしたら・・・・・・・・」

お店の人(女性)が辛くない料理をすすめてくれましたが、思考能力が著しく低下している状態だったので、何と言っているかよく分かりませんでした。
(そのくらいビックリしたんです)

「あ、いえ、そのままでいいです」

結局、普通に注文してしまいました。

でも、お店の料理は最高の味の状態で食べて欲しいというお店の姿勢に感動しました。
辛さを抑えた時点で、「豚肉とキャベツの味噌辛子炒め」は、「K絲猴」の料理ではなくなってしまうということなのでしょう。
すばらしいです。

その後は、料理が来るのが待ち遠しくてしょうがありません。

最初に来たのは「バンバンジー」でした。
(前菜なので当然です)
「バンバンジー」は、2年前に「ホテルKャッスル」で食べたときに、前菜とは思えないほど美味しく、ビックリした体験をしているので、結構中国料理のお店に行くと注文しています。
(でも、あそこまでの味にはなかなか出会いませんねえ)

たっぷりのきゅうりの千切りに、これまたたっぷりの蒸し鶏がこんもりと盛られていて、ゴマだれ(?)ソースがかけられています。美味しいのですが、後味が結構ピリ辛でしたね。

そして、「紋甲イカとエビのミルクソース炒め」が来ました。
これは嫁さんのチョイス。
実は、私はちょっと苦手なんです。
濃厚なミルクソースが美味しいらしいのですが、この香りがどうも合いません。

3品目にようやく「豚肉とキャベツの味噌辛子炒め」が登場!
キャベツや赤いピーマン、そして豚肉が味噌に絡められ、とても食欲がそそられる色合いです。

薄切りですが厚めの豚肉とキャベツなどの野菜を一緒に箸でつかみ、最初の一口をいただきました。

豚肉の肉汁と味噌の濃い目の味、そしてキャベツなどの野菜が絶妙な旨さのバランスを保っています。
そうです。この味です。
久しぶりに味わう美味しさに、今年一年の疲れがすべて癒されました。(←大げさ?)

「うん。いやー旨い・・・」

思わずひとりごとと発し、嫁さんに笑われました。
心配していた辛さもちょうどいい感じで、私でも十分食べることができます。
辛さを抑えてもらわなくて良かったです。(店員さんありがとー!)

白御飯も欲しいところですが、「五目あんかけ丼」と「カニとレタスの焼きめし」を注文しているので、ゆっくりと味わいながら待つことにしました。

途中、嫁さんに、

「この味盗める?」

と聞きましたが、

「できるわけないでしょっ!」

と即答。残念です。
家庭でこの味が作れたら、3日に1回は作って欲しいですね。
「もう飽きた」と思うくらい食べてみたいもんです。

そして「五目あんかけ丼」、さらに「カニとレタスの焼きめし」も来ました。
正直、注文し過ぎました。
ご飯ものも、かなりの量があります。

でも、特に「カニとレタスの焼きめし」がとっても美味しかったので、気が付いたら完食していました。
さすがに、お腹はパンク寸前。
気持ちは十分満たされ、1年の締めくくりにふさわしい味を堪能しました。

あと1品頼もうかどうか迷っていたので、注文しなくて正解でした。
注文していたら、パンクしています。
(残したくないですから・・・)

やはり、中国料理は、もう少し多い人数でいろんな種類を食べれるような注文の仕方がベストなのでしょうか。
私(と嫁さんも)がよくばりなのかもしれません。
でも、何人で来たとしても、「豚肉とキャベツの味噌辛子炒め」は一人で食べたいです。それ以外は少しずつで構いません。

それにしても期待通りの味で、ここは最高でしたね。
陳建民氏がいかに偉大な人だったか分かります。
熊本に住んでいて、本当に良かった~。
(おわり)
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

熊本の食(バイキング) | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<今年一年を振り返って・・・(手短に) | ホーム | 干柿の聖地へ!>>
コメント
----

画像なしのグルメルポ
かなり気合い乗ってきましたね
管理者Uさんと御家族の満足具合がよく伝わってきますよ
この店は行ったことありませんが、メモっておきます、場所もばっちし押さえました
料理のレシピ?を変えることを許さない姿勢は本当に自身がある証拠ですよね^^

管理者Uさんと御家族にとって、来年が良い年でありますように!
また来年もよろしくお願いいたします



by: らぼっち&とっちん * 2009/12/31 18:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

年末のご挨拶に参りました。
よい年をお迎え下さいませ。(^-^)
by: ○サン * 2009/12/31 21:00 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

らぼっち&とっちんさんへ

ご挨拶ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

え?お店が特定されてしまいましたか・・・i-229
とっても良いお店なので、ぜひ行ってみてください!
by: 管理者U * 2009/12/31 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

○サンさんへ

ご丁寧にありがとうございます。
なかなか最近は山都町へ行ってませんが・・・すいません。
(仕事ではたまに行くんですが・・・)
今は雪景色となってるのでしょうね。
来年もよろしくお願いします。
by: 管理者U * 2009/12/31 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/04 21:39 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/313-74aebccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。