スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
数字で見る熊本(平成20年熊本県観光統計)
2009 / 11 / 07 ( Sat )
毎年、熊本県内の観光客数等の統計が発表(熊本県より)されていますが、先日も平成20年の「熊本県観光統計」が発表されていました。

いろんなところに行っている私としては、ちょっと興味もあり、ざっとですが見てみました。
(仕事上でもちょっとは必要なので・・・)

興味がある人はこちらのサイトをご覧ください。→平成20年熊本県観光統計(熊本県)

平成19年との比較で見ると、全体として観光客数は減っています。
原油高、不景気などの要因があるのではと説明されています。
ただ、「本丸御殿」が完成した熊本市、「青井阿蘇神社」が国宝になった人吉(それと八代も)などは増加しています。
そう考えると、やはり話題の観光スポットやイベントなどが大きな集客力を持つということなんでしょうか。まあ当然ですけどね。

その観光スポット(施設)別の集客ランキングもありました。

1位・・・阿蘇ファームランド(332万人)
2位・・・熊本城(203万人) 
3位・・・阿蘇山上駐車場(148万人)


また4位~6位は「道の駅」でした。
(道の駅は観光客ばかりとは限らないので、何とも言えません)
阿蘇ファームランドはすごい数ですが、前の年よりも70万人以上減っています。逆に熊本城は80万人増えています。
(来年の統計には、熊本城に私が先日行ったときに「2」がカウントされるんでしょうね)
団体客を集めることのできる施設に、やはり多くの人が訪れているようです。

統計には詳しい情報も載っていますんで、見てみると面白いですね。
ちなみに神社もいくつか統計が出ています。

阿蘇神社(38万人)、青井阿蘇神社(13万人)、粟島神社(26万人)の3つ。

宇土市の粟島神社って、こんなに人が訪れているんですね。
ただ、熊本市の藤崎宮秋季例大祭(馬追いですね)は、イベントだけで30万人が訪れます。
カウントの方法は分かりません。
神社って誰が数えているんでしょうか?
おみくじの販売数かな?

こうして見ると、熊本の観光って、やはり「熊本城」と「阿蘇」なんでしょうね。
各地域でいろんな取り組みが行われて、努力していても、そう簡単には数字として表れないものです。
でも、何もしないと減っていくでしょうし・・・大変なことですね。

今年は、続いている不況や新型インフルエンザなどの影響があるとは思いますが、どうでしょうかねえ。SLが復活したり、スザンヌががんばったり、高速道路が1000円になったり、後は・・・まあ、プラスの要素もいろいろあるでしょう。
私も、何ヵ所かでカウントに貢献したのでは・・・?
(でも、あまり意味のないカウントかも、お金もあまり使わないし・・・)

まあ、本当の魅力というのは数字だけでは分かりません。
一人ひとり捉え方も違いますし。
なので、こういう統計は参考程度の資料として見てみると楽しめるかもしれません。
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年もベランダに風物詩登場。 | ホーム | 着々と石コレクションが増えてます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/292-7311c901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。