やってみないと分からないもんですね。
2009 / 10 / 23 ( Fri )
陶芸体験ってよくありますね。
これまで、「ちょっと難しそう・・・」なんて思っていましたが、仕事の関係で、「絵付け体験」をすることになりました。

「絵付け体験」は、あらかじめ素焼してある器に色を付けるだけの単純な作業です。
要は“お絵描き”ですね。

驚いたのは、その道具。そこには、
「クレヨン(みたいなもの)」
「色鉛筆(みたいなもの)」
「絵具(みたいなもの)」

の3種類の道具がありました。

絵付け体験3 絵付け体験2

まあ、絵具を想像していただけに、特に色鉛筆(みたいなもの)には驚きました。
誰でも簡単に体験できるハズです。

今回、なぜ私が陶芸の「絵付け体験」をすることになったのかというと・・・
PR用に陶芸の様子(手元)を写真撮影していたんですが、先生と助手の方が、「絵には自信がない」と撮影を拒否。
仕方ないので、私が絵付け体験のモデルとなって、「手」と「絵付けした器」を撮影しました。
(いいのかなあ・・・ま、いっか!)

絵付け体験4

これが「絵付け」する前の素焼の器。
湯のみ、マグカップですね。

↓そして完成。
絵付け体験1

なかなかの絵が描けました。(←冗談です)
テーマは“おいしい海”
おいしそうなお魚やカニ、エビ、ヒトデ(?)などを描きました。

本当にこんな絵を、ここのPR用の写真としていいのでしょうか。

絵付け体験5

こちらが裏側。
うーん。うちの娘(3才)レベルかも。
そうそう。子どもが描いたってことにすればいいかもしれません。

でも、カメラマンが撮影した写真は、違和感がなく驚きました。
(絵のうまい、へたは関係ありませんでした)

とにかく、楽しかったんです。
こんな簡単にできるなんて、今度、家族で行こうと思いました。
「手びねり」といって、粘土をこねて形にする方も簡単そうでした。
保育園の卒園記念製作も多いそうです。

ここの「絵付け体験」は一人900円です。
参考:あんずの丘伝承工芸館のページ

完成が待ち遠しい~
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「鞠智城の日」ってなんだか・・・【前編】 | ホーム | 石の露出度を高めたい。>>
コメント
----

お疲れ様です!

私も、作ってきました~

めっちゃ、楽しかったです。

今年中に、完成(焼き上がり)出来るかな?
by: * 2009/11/09 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

?さんへ

陶芸体験って、やってみるととても楽しいですよねえ。
最近は、引き出物や御祝い返しなどでも利用される方が多いそうです。

絵付けの次は、手びねりに挑戦しようと思います。
by: 管理者U * 2009/11/10 10:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/284-ce7542e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |