スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
幻想的な「うと船場川浮き灯籠」と「名水茶会」に行きました。
2009 / 10 / 19 ( Mon )
予告もしてましたが、娘とふたりで「うと船場川浮き灯籠」「名水茶会」に行ってきました。
(最近、「娘とふたりで・・・」という内容が多い気がしますが・・・)

会場に到着したのは、夕方5時くらいだったでしょうか。
ちょうど産業祭が終わったところだったようで、スタッフの人がステージ前で“一本締め”をしていました。
屋台のテントも撤収作業をしているところがほとんどでしたが、かろうじて、「道の駅宇土マリーナ物産館」のソフトクリームをゲットしました。(娘のため)
産業祭

写真の隣りの「みかん」は終了間際ということで安くなっていましたが、さすがにソフトクリームは定価での販売でした。(まあ当然)
ここでは売ってませんでしたが、物産館に行くと、「ネーブルソフト」や「焼きのりソフト」なども食べることができます。

※参考:道の駅宇土マリーナ「おこしき館」ホームページ
(↑あまり詳しくはありません)

「名水茶会」開始時間の6時まで、宇土市役所前の公園で(理想的な父親のように)娘と遊んで、時間をつぶしました。
陽が短くなるのは早いもので、6時には、辺りは結構暗くなります。

会場へ向かうと、通路の両端に竹灯籠が灯され、暗くてもしっかりと誘導してくれました。

名水茶会1
(竹灯籠を覗いたところ)

3つの「社中」がお茶を立ててくれます。1ヶ所一人200円です。3才も200円です。
表千家や裏千家、肥後古流などよく分かりませんが、お茶をやっている人って意外といるんだなあ・・・という印象を受けました。(若い人から年配の人まで)

名水茶会2

来場者は年配の人が多かったです。
昨年の「轟泉自然公園」から場所が普通の広場に変わったせいか、雰囲気づくりが予想以上に凝っていて驚きました。

名水茶会3

あちこちに、竹灯籠が灯され、すばらしい雰囲気でした。
暗いので、周囲の建物も見えないというのも良かったですね。
写真では分かりませんが、竹灯籠は形の違いだけでなく、色も2種類ありました。竹の内側が塗ってあってのでしょうか、普通の赤い灯りと青白い灯りがあって、とてもきれいでした。

名水茶会5 名水茶会6

私たちは、表千家のところでお茶をいただきました。
左がお菓子で、秋らしい工夫がされています。風情がありますねえ。味もおいしかったです。
右がお茶を飲んでいるところ。器を割らないように心配されました。
お茶は、娘が飲めるくらい(「おいしい!」というくらい)で、気のせいかとても飲みやすかったですね。とても苦いイメージがあっただけに意外でした。(製造元で違いはあるようです)

会場内には、オカリナや琴の演奏、そして人力車の体験などが行われてました。

名水茶会4

人力車です。1回100円です。(暗い中、どこを走るのか気になりましたが・・・)
娘がこの人力車を見て、「おっきいベビーカーだねえ」と言ってました。
なんとなく形がそう見えなくもないですね。

さて、この名水茶会の会場から浮き灯籠の船場川までは歩いて5分くらの距離。ほんと、すぐ近くにありました。
その路地もすばらしい竹灯籠で演出されていて、いい雰囲気。歩く人の感嘆の言葉をとても多く聞きました。「きれい」「すごい」「いいわねえ」・・・など。
普段使う言葉って、自然と出たときなんかは結構シンプルですよね。同じフレーズを何回も聞いたし、自分も同じような言葉を言っていたので、思わず考えてしまいました。
(だから何?・・・という話ですいません)

うと船場川浮き灯籠1<br />

手持ち固定で、なんとか見える写真の1枚です。(ほんと3脚がないとダメですね)
「すばらしい」の一言。
川に浮かんだ竹灯籠の灯りが水面で揺れ、幻想的な世界。ピンク色の馬門石で造られた「船場橋」もまた雰囲気にとてもあってました。

それにしても、この準備はとても大変だったことだと思います。川の中にも、灯りを絶やさないように何やら作業している人もいたりして、この情景が地元の多くの人の手によって成り立っていることを忘れてはいけませんね。

ukitourou2.jpg ukitourou3.jpg

左の写真は、川の中にあった十字架です。キリシタン大名「小西行長」にちなんでの演出のようです。
右の写真は、落ちていた葉っぱを拾った娘を撮影したもの。

良い意味で“意外”がたくさんあって、とてもいいイベントだと思いました。
お茶に興味がなければ、お金を一切使わずに楽しめます。
(おそらく、主催者側はなんとかしたいところでしょう)

帰りは、ちょうど夕飯時だったので、私のお気に入りのお好み焼き屋さん(→画像ナシでお届けするグルメルポ <お好み焼き編>)に2人で行って、ミックス大盛りとサービスで付くソフトクリーム(700円)を食べました。

最後の最後まで大満足でしたね。
スムーズに楽しめたのは、娘が比較的言うことを聞いてくれたことが一番の要因でした。
(ホッとしました)
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<見た目はきれいですが、大変な作業なんです。 | ホーム | 石コレ写真館にようやく「熊本城」を追加しました。>>
コメント
----

うと船場川浮き灯籠、行かれたんですね。
うちも日曜日に行こうかと思っていたのですが
ロアッソの試合で疲れてしまい、断念しました。
こちらで見れてよかったです。
昼間見る船場川とはずいぶん違って、すごく情緒があってきれいだったんですね。

最近はこういった灯籠を使ったイベントとかがいたる所で行われますが、地域の方々の努力があって楽しめるわけですから、見る側も節度をもって参加しなければいけませんね。

お茶は飲みやすくしてあったのかもしれません。(^^)
by: とっちん * 2009/10/19 14:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

とっちんさんへ

ロアッソの試合は残念でした。
でも「サッカーフェスタ」も開催され、とても賑わったようですね。

灯籠のイベントはたくさん増えて、これまでいくつか観に行きましたが、「うと船場川浮き灯籠」はそその美しさだけでなく、混雑せずに比較的スムーズに楽しめたのが良かったですね。
(来年はどうでしょう・・・)
でも、とってもおススメですよ。
by: 管理者U * 2009/10/19 17:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/281-50b05e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。