熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。(おまけ)
2009 / 10 / 15 ( Thu )
タイトルのイベントの報告なのに(おまけ)ですいません。

熊本城巡りを終え、イベント会場である「竹の丸」広場へ。

連休最終日のせいか、それほどの人出ではありませんでしたが、会場にはステージで舞踊が披露されていました。

お城まつり1

ステージはともかく、勇壮な石垣と熊本城を背景に、なかなかの景観です。

私も娘も、ステージよりも、ずらりと並んだテントに興味津々。
これがまさに最後の目的ですから。

でも、並んだテントの半分は閉まっていて嫌な予感。

おなかすいたー

それでも、天草や阿蘇の物産販売が行われていました。

お城まつり2

阿蘇市観光協会のブースで、「お米のアイス」(娘の分)と「サイダー(チョコレート味)」(私の分)を購入。
「お米のアイス」は、甘さ控えめで、米らしい風味もちょっとして、美味でした。
当然、娘も大喜び。
「サイダー(チョコレート味)」は、チョコレートの味は分からなかったものの、飲みやすかったですね。阿蘇の湧水だけあって、新鮮な感じがしました。
(残念ながら娘はまだ炭酸が飲めません)

おいしいねえ。

お城まつり4

派手な阿蘇インフォメーションカーが乗りつけてありました。

そう言えば、新聞で、菊池でも似たようなラッピングカーを導入したという記事を見ました。うるおぼえですが、レンタル料が月10万円だったかと思います。
それだけの活躍をすればいいのですが・・・。

アイスとサイダーだけでは当然物足りません。
先のブースには、岡山市が観光宣伝で出店していました。

お城まつり3

桃太郎とその連れです。

はずかしいから、いやだ。

せっかくなので、記念撮影をしようと思ったのですが・・・。
ともあれ、はるばる御苦労さまです。

この後、腹を満たすために、私は「馬串」(300円!)娘は「ソーセージ」(200円!)を1本ずつ食べました。
おいしかったのですが、1本300円って・・・。

お土産に、まず、みかんを1袋購入。

おじちゃんに、おみやげかわなんね。

そして、たこやきを買いました。10個入400円なので、まあいいかと思ったのですが、いかにも商売上手なおばちゃんが説明してくれました。

「これは味がついているから、ソースはかけてないよ」

へーそうなんだ。と最初思いました。
(“塩たこ”なんてもあるし・・・。でもソースだけでなく、青のりなども一切ないんだけど)

家に帰ってから食べてみると・・・単に“ソースがかかってないたこ焼きの味”でした。

冷蔵庫に入っていたおたふくソースをかけ、なんとか普通のたこやきとして食べることができました。
確かに味は付いているので、ウソは言ってないかもしれませんが、そういう商売をしている人のたくましさを感じました。(単に個人的印象なので、事実とは異なる場合があります)

あくまでも、私の想像(妄想)ですが、イベントに出店する場所代や販売手数料を計算して、なんとか利益を確保しようという努力の表れなのかもしれません。

結局、最後の目的は半分達成できたというところでしょうか。
でも、今回のふたり旅は、とても楽しい思い出になりました。

(滞在時間は実質2時間半程度でしたが・・・)

おまつりたのしかったねー
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと雰囲気を変えました。 | ホーム | 熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。(後編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/278-e9936bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |