スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。(後編)
2009 / 10 / 14 ( Wed )
熊本城へ娘とふたり旅の後編です。
(まだ娘も飽きてはない様子)

いよいよ初の本丸御殿です。

本丸御殿1

まず最初に見学したのは、当時の“台所”。
隣りの土間には大きな釜が並んでいました。

大勢の人たちが、さらに大勢の人たちの食事を作っていたのでしょうか。
当時の食事も再現して展示してありました。
純和食なので、なんとなく質素な感じ・・・。

だれのごはん?

本丸御殿2

上を見上げると、高い屋根に、複雑というか、細かい組みが施されています。
煙を逃がすための工夫なんでしょうか。
(女の人の解説を聞きそびれました)

そして・・・

本丸御殿大広間

よく見るアングルで撮影してみました。
手前から「梅之間」「桜之間」「桐之間」「若松之間」とそれぞれに木の名前のついた部屋が続いています。まさに大広間ですね。
一番奥の「若松之間」に藩主が座ったらしいです。美しい松と滝が描かれています。

よーい。どん!

見るだけでなく、普通に使用できるといいですね。
将棋の名人戦で、羽生名人の対局が行われたようですが、もっと一般に開放してほしいものです。
これだけ広いと、修学旅行生が200人は雑魚寝できるんじゃないでしょうか。
とてもいい思い出になるでしょう。(枕投げでふすまが破れたりして・・・)

昭君の間1

これが目玉の豪華絢爛「昭君之間」です。
金ぴかですね。
娘もじっと見入っていました。

・・・

昭君の間2

実際この部屋にいたら、眩しくて落ち着かないでしょうねえ。
それにしても美しい装飾です。
肥後藩は、かなり豊かだったんですね。

他にも掛け軸やふすま絵などが展示してありましたが、お腹一杯になったので、立ち止まらずに外にでました。

闇り通路

そして、外に出てから「闇り(くらがり)通路」を通り、熊本城内を散策しました。

なんか、よるみたいねえ。

娘よりも先に、私が疲れてきました。(なさけない・・・)
熊本城4

熊本城内の見どころの一つである「二様の石垣」です。
※説明は「熊本城公式ホームページ」をご覧ください。(再び手抜きですいません)

わーい!

危険なので、登ってはいけません。

不安もあったのですが、なんとか無事、熊本城内を見て回ることができました。
一度は見ておくべきですね。
多くの人が訪れるはずです。そしてその期待を決して裏切りません。

来てよかったです。

・・・

忘れるところでした。3つ目の目的がありました。

おとうさん、おまつりどこ?

そうです。熊本城を一旦出て、「お城まつり」に行ったのです。

(後半で終わる予定でしたが、長くなりそうなので、“おまけ”に続きます。タイトルの話が“おまけ”ですいません・・・。)
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。(おまけ) | ホーム | 熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。>>
コメント
--はじめまして--

はじめまして。
熊本には立派なお城があって、すばらしいところですね。写真を見て、とても行きたくなりました。
小さい子どもでも楽しめるみたいですしね。i-179
by: やんさん * 2009/10/17 07:53 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: はじめまして--

やんさんさんへ

ほんとは、観光ガイドの人の案内で城内をまわるのが一番のおすすめです。
熊本城公式サイトによると、無料だし、自由に参加できるようですよ、

http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?id=503

ぜひ、行ってみてください!!
by: 管理者U * 2009/10/17 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/277-36c00934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。