熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。
2009 / 10 / 13 ( Tue )
絶好の行楽日和だった3連休(←一般的に)の最終日である10月12日(月)に、熊本城に行きました。ちょうど「秋のくまもとお城まつり」(10月9~18日)が開催中だったこともあり、特に“食べるもの”に期待して出かけました。
嫁さんが仕事のため、初の娘とのふたり旅です。
(近場であっても、気分的には冒険でした)

おまつりいきたーい

今回の私の目的は3つ。

1.本丸御殿(昭君の間)
(前回熊本城に行ったときは、まだ工事中でした)

2.ひごまる&清正くん
(やはり実物を見て、撮影しておかねば・・・)

3.イベント会場の食べ物
(各地から特産品が勢ぞろいしているというイメージがあったので)

娘の手を引いて、まずは入城。
3才の娘は無料でした。(私は500円)

熊本城スタンプ

まずはパンフレットに記念スタップをペタリ。

わたしがする~

城内は、午前中(10時頃)だったせいか、それほど混雑しておらず、ほどよい感じ。
最初に、「五郎の首掛石」を発見。

五郎の首掛石

悲しい仇討ちの物語です。
※物語のあらすじは、「満遊くまもと」
以前より、石コレクションに追加したいと思っていました。逸品です。

アンパンマンみたいねえ

(宇土櫓は飛ばして・・・)

天気も良く、天守閣もひと際美しい姿を見せていました。

熊本城1

やはり、間近で見ると迫力があります。
さっそく展望所へと登りました。

だっこしてー

娘が飽きないように、展示品はほとんど見ずに、最上階を目指します。

熊本城2

気のせいか、一口城主のプレートの割合が増えているような・・・。
他の展示品を圧迫しているように思いました。(それだけ寄付する人が多いんですね)
ニュースにも出ていましたが、これから先はサイズ小さく(4分の1)なるそうで、現在も別な場所に仮展示してありました。

「芳名板」がどうなるか、詳しく知りたい人は、「熊本城公式ホームページ」へどうぞ。

展示品はあまり見ませんでしたが、壁などに日本各地のお城の写真が飾ってありました。
おそらく、県外から来た人が、地元のお城を見つけて嬉しくなるんでしょうね。
(実際に私もそういう経験あります)
でも・・・あまり必要ない情報だと思うんですが・・・。

雰囲気づくりもあると思いますが、これだけの人が来るのだから、もっと熊本(市)の情報を発信すればいいのに、と感じました。
熊本市以外にある加藤清正や細川家ゆかりの地情報や、中世の城跡情報などでもいいかもしれません。
うーん。面白くないですねえ。
いっその事、広告スペースを設けてはどうでしょうか。ちょっとした収入源にはなるでしょう。
出し方に工夫すれば、そこまで雰囲気を壊さないと思いますよ。

さて・・・。

熊本城3

最上階です。
すばらしー眺めです。まさに殿様気分。
(写真は二の丸公園方面です)

ちょっとこわい・・・

そして下まで降りると、結構な運動になりました。(途中娘をおんぶしたし)

おんぶでいいよ

下の広場を見まわして、ふと気付きました。

「ひごまる」がいない・・・「清正くん」もいない・・・

イベント期間中は常駐しているとばかり思っていたのに・・・残念です。
どこにいるんでしょう?
倉庫で寝ているのかな?

そのとき、記念撮影をしている集団のところで、それらしきものを発見!
着ぐるみではありませんでしたが、一応「ひごまる」でした。

ひごまる

ひごまるくんかわいいっー

座っているバージョンです。
足の裏に小判?と最初思いましたが、わらじの底ですね。
目的の一つが達成できないと分かり残念でしたが、初の本丸御殿に大きく期待して足を向けました。

(後半へ続く)
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熊本城「秋のくまもとお城まつり」に行きました。(後編) | ホーム | 「ヒットくん」追加しました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/276-ab72f611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |