スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
あか牛の愛称って
2008 / 06 / 05 ( Thu )
熊本特産のあか牛の愛称が「阿蘇王(あそおう)」と決まったと新聞に掲載されていました。
先日、あか牛のステーキを食べたいと思っただけに、目を引いたのです。

単純な私は、「あか牛」とい名前に、何故「阿蘇王」という愛称が必要なのかと思いました。「あか牛」では何故だめなのでしょうか。
そして、「熊本空港」に愛称として「阿蘇くまもと空港」という名前が付けられたことを思い出しました。
つまりは「阿蘇」というブランド力を活かそうということなのでしょう。

私にとって、あか牛は阿蘇の大草原で放牧されているイメージがありますが、実際には、県内各地で生産されているようです。
こちらのホームページに載っていました。

阿蘇で飼育されたあか牛は「阿蘇のあか牛」として売れるが、それ以外のあか牛は「阿蘇の」という冠を付けることはできない。(産地偽造になる?)そこで、くまもとで生産されたあか牛に愛称「阿蘇王」を付け、県内でのブランド格差を是正しようと考えたのでしょうか。
あの「松阪牛」も、そのブランドを高めるために、いろいろと条件があるようです。
(参考:松阪牛協議会ホームページ

阿蘇の草原で育てられたあか牛と、どこかの平地で育てられたあか牛、イメージとしては前者を食べたいと思いますね。でもどちらもおいしいことには違いないのですが・・・。
結局、一般消費者にとって重要なのはブランドイメージということになんでしょうね。

逆に、全国に「阿蘇」の名前が広まるということも言えます。

あと、キャッチフレーズもありました。
「千年の草原から生まれた健康和牛」おいしそうですね。

ところで、熊本には他にも特産のお肉があります。

鶏肉では「天草大王」(原種名)
豚肉では「ひごさかえ肥皇(ひおう)」(ブランド名)
牛肉では「和王」(黒毛和牛のブランド名)
そして、「阿蘇王」

熊本は「王(おう)」が好きなんですかね。
馬肉にもあるかどうか分かりませんでした。なければ馬肉にも「肥後さくら王」などと付けてはいかがでしょう。

書いていたら「あか牛」を食べたくなりました・・・。
いや、普通の肉で構いません。

人気ブログランキングへ
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<検定に出ない熊本雑問題その10 | ホーム | 検定に出ない熊本雑問題その9>>
コメント
----

はじめまして。
年に何回か、熊本におじゃまします。
ほんと、いいとこですね。
食べ物のおいしさは特筆です。
焼酎鳥飼、鳥亭のコロ焼きと、トマト、
キュウリが大好きです。
また、おじゃましますm(_ _)m
by: 小太郎 * 2008/06/05 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

赤牛よりも黒牛のほうがおいしいんでしょ
というか、赤牛ってあまり食べれるお店とかないですよねー
by: さだ * 2008/06/06 08:50 * URL [ 編集] | page top↑
--おいしい熊本です--

ほんと、近場(熊本市内)で“手軽に”あか牛を食べたいですねー。
どこかないでしょうか・・・。
by: 管理者U * 2008/06/06 18:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/27-59fe5e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。