スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
阿蘇神社は石の宝庫でした。
2009 / 07 / 24 ( Fri )
門前町商店街での水基めぐりの後の話です。

「阿蘇神社」へ行きました。
参拝が目的ではなく、「何か面白いことはないかな~」というのが目的です。

阿蘇神社の基本的情報については、阿蘇まるごと検定公式テキストブック「阿蘇の達人」を購入するか、ホームページでご確認ください。
参考:阿蘇神社(フリー百科事典ウィキペディア)

阿蘇神社1

今回は、これまでとは違う視点で楽しもうを臨みました。

で、さっそくこれ↓です。

阿蘇神社2

阿蘇神社の石垣です。
ただの石垣とは違います。一つひとつに装飾が施されています。
結構色もカラフルだし、この神社の品格を表している気がしますね。

阿蘇神社3

参拝が目的でなくとも、一応参拝しました。
お賽銭を投げ入れて気付きました。
(空中をさまよう手)
「あれ?ガラガラの鈴がない・・・」

たいしたことではないかもしれませんが、初めて気が付きました。
柏手を大きく打つ必要がありますね。

鈴の有無は、神社の系列によるものなのでしょうか。
それとも、ただ修理中なだけかもしれません。
(ちょっとだけモヤモヤしてます)

神社についていろいろ学びたい人は、「たのしくまなべる神社のページ」へどうぞ。
(たまたま見つけました)

阿蘇神社4

社殿内を覗くと、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)が書かれたという神社名の額がありました。
(楼門に掛けられている額の書体とはまた違うようです)

有栖川宮熾仁親王は、西南戦争(明治10年)のときに、鹿児島県逆徒征討総督(総司令官)として熊本にもやってきました。

額には明治10年12月と書いてあります。西南戦争は同年の9月に終結したので、その直後ということになります。終結後に陸軍大将になったのでしょうか。

(西南戦争のことを書き始めると長くなるので割愛します)

いわれが知りたいですね。

石に戻ります。

阿蘇神社5

「せのび石」です。
あまり好きなタイプの石ではありませんが、娘を測り、「背が伸びてるよ~すごい!」(←そんな訳ないんですが・・・)と喜んであげました。
その後のカップルが、意気込んで測っていたのを見て、悪いことしたかも・・・と思ったりしました。

阿蘇神社6

「願かけ石」です。
心に願いごとを念じ、神石を三度撫で、さらに願いごとを唱えるといいようです。
まあ、ぎりぎりの部類ですね。

阿蘇神社のいろんな石を見て回ったところで、スケッチタイム。
娘と嫁さんが絵を描きました。
阿蘇神社7
結構真剣に・・・でも何かを見ながらではなく、気ままに描いています。

阿蘇神社9
おそらく、健磐龍命(たけいわたつのみこと)でしょう。

※以上「阿蘇神社」の話は終了です。阿蘇の話はまた次回に続きます。

九州の人気ブログランキング
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<手作り感がいい牧場 | ホーム | 進化する商店街>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/248-914c046f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。