スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
検定に出ない熊本雑問題その32
2009 / 07 / 03 ( Fri )
天草の不思議公園【鬼の城公園】

天草市五和町にある公園「鬼の城公園」(おにのじょうこうえん)に行きました。
仕事途中のいつもの気まぐれです。
「鬼の城」という名前に惹かれたのです。
(「おにのしろ」と読むと思ってました)

国道から入ってすぐに着くと思ったのですが、結構奥まで入ったところにありました。
鬼の城公園1

あれが「鬼の城」のようです。
入口に看板がありました。
鬼の城公園2

(以下、看板より)
鬼の城公園「鬼の伝説」
 昔々、この地に鬼の頭が住んでおり、鬼たちを集めて寄り合いをしていました。その後、次第に村人とつき合うようになり、仲良く暮らしていました。
 ところが、この地に人々をおそう恐い大蛇がやって来ました。ある時、お坊さんが立ち寄り、大蛇のことを知り、鬼達と一緒になって退治しました。その後、大師様への信仰が広がり、たくさんの石仏・大師像が建てられ、信仰の霊場として知られるようになりました。このように五和町の鬼は、やさしく、力もちで、たくましい鬼でありました。
 遠い昔の鬼たちの世界が広がる鬼の城公園で、目いっぱい楽しんでみてはいかがでしょうか。ひょっとしたら、山からこっそり鬼が出て来て、一緒に遊んでくれるかも・・・。


この文章だけ読むと、主人公は「大師様」(弘法大師・空海)のような印象ですね。
ちょっと変な文章だし・・・。
かわいい鬼のキャラもいます。(名前が無かったのが残念)

要は、鬼をテーマとした公園と弘法大師をテーマとした公園が一緒になっていて、キリシタン墓碑公園も隣接している、とっても広い公園だということなんでしょう。
※遊具等のあるキッズガーデンは閉鎖されているようです。(※天草市役所ホームページ
(今回は鬼をメインに探索しました)

最初に「鬼の城展望塔」へ向かいました。
鬼の城公園3

比較的新しい建造物とはいえ、私好みの石積みの展望塔です。
金棒や手すりが無かったら、古代の石積みピラミッドといっても通用しそうな雰囲気があります。
凝灰岩8000個が積み上げられ、鬼の角をイメージして建てられたそうです。
鬼の足跡もあり、結構凝った作りになっています。
(時間がなかったので眺めるだけでした)

公園の広場の方へ進むと、異様な眺めが広がります。
鬼の城公園4

いくつもの柱の上に、「鬼瓦」が乗っています。(シャレ?)
夜は恐ろしくていけません。
「鬼の回廊」という名前が付いており、鬼瓦の鬼の表情は一つひとつ違うそうです。そして、それらを見て回ると、煩悩を消し去ってくれるということです。

厄除けの鬼瓦も、これだけあると、厄以外も避けていくのではないでしょうか。

鬼の城公園5鬼の城公園6鬼の城公園7
たしかに違います。
口を開けている鬼瓦は、すずめの巣になっていました。
自然との共存に、少し心がなごみました。

でも、なんで瓦なんでしょう・・・。

よく見ると、歩いている回廊部分も瓦のようです。
鬼の城公園9

瓦のメインがこの噴水です。
鬼の城公園8

デカイ!
水が溜まっていなかったので、触ってみましたが、本当に瓦のようでした。

地域に鬼にまつわる伝説が残っているので、このような公園が造られたそうなので、昔から伝わるゆかりのものがいろいろとありそうです。
今後は、その辺りも調べてみる必要がありますね。
(そういう説明も欲しいですね)

でも、ここに来て感じたのは、この公園自体もすでに“遺跡化”しつつあるということ。
立地条件の悪さもあるかもしれませんが、このままでは、結構なお金を使ったことがもったいなく感じてしまいます。(地元ではもっと活用されているのかもしれませんが・・・)

久しぶりに問題です。(そういえば前回も天草でした)
ここの公園にある鬼瓦の説明として正しいものは次のどれでしょうか。

①鬼瓦のほとんどは、地域の各家から取り外して使ってある。
②鬼瓦は、地元の小学生が授業の一環で製作した。
③熊本城のシャチホコを造った会社が、ここの鬼瓦も手掛けた。
④毎年、鬼瓦割り大会が開催されている。
⑤トイレの便器も鬼瓦で、鬼が口を開けている。


九州の人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

(ヒント)
そもそも鬼瓦って、どうやって作るのでしょうか。
それなりの技術がいるんでしょうねえ。

(前回の答え)
「その31」の答えは、
③の「天草市特産 熊本デコポン」
でした。
デコポンモニュメント
裏側です。
表に回ると、中身もリアルにつくってあります。

それにしても「デコポン」が特産の地域ってたくさんありますよね。

上天草市のほうには、おもしろいモニュメントがたくさんあるって聞きました。
こんど調査してみようと思います!!
関連記事
検定に出ない熊本雑問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「四郎くん」追加しました。 | ホーム | 久しぶりの阿蘇で“石”スポットへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/236-f4fc3392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。