スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
雨の日の三角西港
2009 / 06 / 24 ( Wed )
今年の年末に、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」が放送されます。
大河ドラマを短くしてまで、しかも3年間にわたり、放送されます。

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」ホームページ

ホームページを見てもらえれば一目瞭然なんですが、司馬遼太郎原作の本を元に制作されているドラマです。
(それにしてもなんと長いプロジェクトなんでしょう)

ちょっと乗り遅れた感もありますが、一応文庫本を購入。
坂の上の雲2巻

日露戦争を戦った秋山兄弟と歌人の正岡子規の3人が主人公。
発展途上期である明治の日本が、世界(ヨーロッパ)に戦争というカタチで追いつこうと懸命になっている様がうかがえます。

とはいえ、まだ2巻目の途中・・・。

熊本でも撮影が行われました。
その一つが「三角西港」(みすみにしこう)。
世界遺産(の一つ)を目指す、歴史的近代遺産です。

まあ、三角西港に関しては、いろんなサイトで紹介されているので、ここでは説明しません。

宇城市ホームページ(三角西港)
(検索すると、他にもいろいろありますよ)

昨日(23日)、かなり雨が降ってましたが、立ち寄ってみました。
三角西港1

三角西港2

ドラマでは、三角西港が舞台になったのではありません。
このレトロな風景が、明治の雰囲気を残しているので、ロケ地として使われました。
(たしか設定は横浜港だったと思います)

撮影のときは、地元の人たちもたくさんエキストラで出演されたそうです。

実際の舞台ではないにしても、三角西港が全国に放送されるのです。

きっと、
「あれはどこだろう。あんな情緒のある場所に行ってみたい!」
と、思う人もたくさんいると思いますね。

三角西港は、明治20年に造られた当時の石積みの埠頭や水路が残っています。
それらが国の重要文化財に指定されているのです。
(建物は、一部が登録有形文化財となっています)

三角西港3

これが石積みの水路です。
雨に半分濡れながら、いそいでシャッターを切ったので、あまりいいアングルではありませんが、整然と並んだ石垣は、当日の技術の高さを感じずにはいられません。
(晴れ日にまた行きます)
「石」ってすばらしいですね。

ドラマが3年間なので、その間は、三角西港は、旬のスポットになるのではないでしょうか。
ちなみに、主人公の一人・秋山真之役の本木雅弘さんも、ここでの撮影のことをホームページ上でコメントされています。
(いつ来たんでしょう???)

三角西港に通っていたら、撮影現場に出会うことができるかもしれませんね。

それよりも、ドラマが始まるまでに本を読めるかが心配・・・。

九州の人気ブログランキングへ


関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久しぶりの阿蘇で“石”スポットへ | ホーム | 画像ナシでお届けするグルメルポ <お好み焼き編>>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/234-465a94c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。