スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
いろいろ発見!!【小野泉水公園】
2009 / 06 / 09 ( Tue )
仕事で植木町の「小野泉水公園」に行ってきました。
平安時代の歌人・小野小町(おののこまち)がそこの泉水を産湯に使ったという伝説が残る地。
全国各地にある小町伝説の一つです。

小野小町は、日本では、世界三大美女として「クレオパトラ」「楊貴妃」と並び、絶世の美女とも言われています。(あくまでも“日本で”ですが)
なので、そんな美女になれば・・・ということで、その泉水(池の湧水)を汲みにくる人もいるという話です。
現代でも通用する美女であればいいんですけどね。

いわれについては、父親の出羽郡司(秋田県)小野良実(よしざね)が、流罪で肥後に来た時期がありました。その11年の間に長女と次女の小町が生まれたということです。
赤ちゃんが生まれたら、産湯で洗います。
そのお湯をここで湧く泉の水で汲んだということなのでしょう。

この公園には30台ほどが停めることのできる無料駐車場があります。
そこから公園へ向かうとすぐに目に留まるのが、「ホタルの里」の立て札。
小野泉水公園1

ちょうどこの時期、ホタルが舞うようです。

小野泉水公園2

景観は損ないますが、ホタルを守るため、厳しく立ち入り制限されています。
(6月10日までは・・・)

公園なので、遊具も少しあります。

小野泉水公園3

家族連れも何組か遊びに来ていました。

ちょっとトイレに行くと・・・

小野泉水公園4 小野泉水公園5

平安時代の雰囲気を出そうとしているのでしょう。
なかなか凝った細かい演出です。
(もちろん男性用にしか入っていません)

小野泉水公園6

これが産湯に使った水が湧く池です。(だと思います)
鯉が泳いでいます。家族連れがエサを投げていました。

先へ進もうとすると、石橋を発見!!
小野泉水公園7

「正院めがね橋」です。
安政3年(1856年)に近くを流れる(らしい)正院川に架かっていましたが、河川工事のために昭和52年にここに移設されました。
石工は八代の吉平という人のようです。
楔石に名前などが刻まれています。

ちなみに山都町の「通潤橋」(つうじゅんきょう)は1854年(嘉永7年)、御船町の「八勢目鑑橋」(やせめがねばし)は1855年(安政2年)の架橋なので、それらとほぼ同じ年代ということになります。

小野泉水公園8
横から撮影。

小野泉水公園9
楔石の撮影にも挑戦しましたが・・・。

石橋を渡って先に進もうとすると、気になるものがありました。
小野泉水公園10

「←ナンジャモンジャ」と書いてあります。
植物には詳しくないので、どの木か分かりませんでした。
(植物ということすら知らない人は、何だと思うでしょうね)
せめて花が咲いている時期であれば・・・。
5月に白いヘンな(?)花を咲かせるそうです。ちょっと遅かったですね。
正式名称は「 ヒトツバタゴ」です。

ようやく小町堂に到着。
小野泉水公園11

中には小野小町像が安置されているそうです。
どんな美女なのか見たかった・・・。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

という百人一首にも登場する有名な歌碑があります。
簡単にいうと、花と同じように自分もいつのまにか老いていくのだろう・・・というような意味です。

こんなところにいていいのか・・・という考えが一瞬頭をよぎりました。

さらに奥へと進み、目的の一つである「七国神社」(ななくにじんじゃ)へ。
七国神社1

鳥居の奥には結構急な階段があります。
反対側を見ると、

小野泉水公園12

池の中へと階段が続いています。
しめ縄が巻いてある石は、水神様でしょうか。

なんとか階段を登って境内に到着。

七国神社2

「七国神社」は、伝説に登場する小野良実が、この地に流刑となったときに、本国(京の都という話も)へ帰ることを願い建てた神社とされています。七つの国の神霊を合わせて祀ったことに由来するのらしいですが、どこの国のどんな神霊かは分かりませんでした。

七国神社3 七国神社4
神社内部です。

七国神社5 七国神社6
誰かの忘れもの?(左)
奇石がたくさんあるのですが、立て札が真っ白で分かりません。(右)

sichikokujinja (4)

ここから、「鬼のいわや古墳」に行けるようです。

※「鬼のいわや古墳」については、こちらの記事をご覧ください。

ほんと、想像以上にいろいろと発見がある公園でした。

でも、全国各地の小町伝説をちょっと調べてみると、また面白い発見がありますよ。


九州の人気ブログランキングへ
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雨が降ると行きたくなる場所 | ホーム | 30年ぶりの潮干狩りin宇土>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/227-f056cfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。