スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
GW日帰り旅行(前編)~バイキング県外編
2009 / 05 / 04 ( Mon )
GWは、我が家も旅行に出かけました。
1日しか休みが合わないせいもあり、日帰り旅行となりましたが、内容が充実しているので、前後編と分けて紹介します。

さて、今回の日帰り旅行の目的地は、「木の花(このはな)ガルテン」(大分県日田市大山町)です。
このブログでは県外の内容は避けてきましたが、帰りに阿蘇を通ったこともあり、流れで紹介することにしました。
紹介するもう一つの理由として、ここばバイキングで有名なところなんです。
農家バイキングには連日多くの人が訪れ、地元農協の経営としては珍しく、バイキングのチェーン展開も行っています。(すごいです。)
バイキングが好きなら一度は訪れたい“聖地”のような場所です。
(と、行く前にはイメージで思ってました)

以下、時間とともに進めていきます。

【AM9:00】
家を出たのは午前9時です。
GWなので、ある程度の混雑を予想し、移動時間は約2時間半程度と考え出発しました。
混むお店は時間をずらすのがポイントです。

【AM10:00頃】
コンビニとガソリンスタンドに立ち寄ったので、阿蘇のミルクロードへ入るまでに1時間かかってしまいました。予想通り結構車が多かったですね。
天気はあまりよくありませんでしたが、阿蘇の草原は、若葉色できれいでした。
牛の放牧もちらほら見かけ、娘もよろこびました。

【AM10:30頃】
二重峠や兜岩展望所へ立ち寄ることなく、ミルクロードを進み、菊池阿蘇スカイラインとの交差点にさしかかりました。
阿蘇方面は結構並んでいます。
予定では、小国を通り、日田市へと入る予定だったのですが、恐ろしくなり、急遽道順を変更。
同じ日田市でも、旧上津江村方面から行くことに。

(地理が分からない方は→こちらのMAPをどうぞ)

ほとんど車がいなく、快適なドライブ!!
途中、「オートポリス」を眺めました。
オートポリス

結構離れていたんですが、エンジン音はここまで響いてきます。
数台の車とすれ違いましたが、レース場の影響か、そういう気分で走る車が多かったですね。

【AM11:00頃】
しばらく走り、「下筌(しもうけ)ダム」で休憩。
このダムは、「筑後(ちくご)川」上流に位置し、「松原ダム」と並んでいます。
(ここに来る前は、2つを区別せずに「松原ダム」と認識していましたが・・・)
両方とも多目的ダムです。

下筌ダム

ここのダム湖は大分県と熊本県の県境にあります。
写真右手の山の向こう側が小国町でしょうか。

展望所として公園整備されていたので、少し遊びました。
気が付いたら30分ほど滞在していたので急いで目的地へ向かいました。

【AM12:00】
到着です!
木の花1

「農業者によるバザール 木の花ガルテン」です。
もう少し早めに着きたかったのですが、待ち時間覚悟でバイキングレストランへ。
“バザールとはペルシア語でイスラム圏の“市場”を意味し、ガルテンとはドイツ語で“農園”の意味があります。(日本らしいネーミングですね)

木の花2

すでに外まで溢れ出して待っています。
さすが農家バイキングの聖地です。

ここは、待つのが日常らしく、受付するとある機械を渡されます。
木の花7

これを持っていると、席が準備したときにランプが付き音で知らせてくれるというもの。
なので、お店のそばにいなくて、併設している物産館等を回ることができます。

今回は、この機械をもらうための順番待ちが必要なほど人がいました。

そして1時間後・・・

【PM1:00頃】
ようやくレストランに入ることができました。
窓からの眺めが素晴らしいです。これも人気の一つでしょう。
木の花9

ちっとだけ雰囲気を。(手ぶれしてすいません)

木の花11

出発から4時間。
ようやく目の前に並んだ料理がこちら。
木の花12

写真では分からないと思いますが、ここは“百のご馳走”として、100種類の料理などが並ぶバイキングです。(数えてはいませんが・・・)
この圧倒的な種類の多さは、他ではなかなかありません。

そして味もおいしいのです。
私が感じたのは、種類の多さだけではなく、料理一つひとつが洗練されているということ。
例えば“鶏のから揚げ”にしても“サクサク”っとした食感があり、脂っこくもなく、何個でも食べたくなる逸品に仕上がっているのです。
(最初に唐揚げを食べて感動しました)

そして、人が多いので、料理の回転が早く、作りたての味が楽しめます。

今は“たけのこ”が旬のようで、たけのこ料理がいくつかありました。
天ぷらも旬の野菜が使ってあり、美味でした。
“農家もてなし料理”なので、お煮しめや漬物なども豊富。
パンやパスタもあり、幅広い年代が楽しめます。

当然カレーもありました。
娘はいつもカレー中心。
ここのカレーも“野菜カレー”と書いてありますが、具がとけてしまうほど煮込んであるようで、こだわりがうかがえます。
ただ、ちょっと辛めなので、私と娘には合わなかったのが残念です。
洗練された結果が裏目に出てしまったんですかね。(といっても、二人の意見)

味の「合う」「合わない」は誰にでもあるでしょう。
それをカバーするのが100種類の料理。
とても満足しました。

木の花13

デザートもよかったです。
特に“きなこもち(団子?)”はサイコーでした。
“ぜんざい”もなかなか。(私は団子を入れない派です)

3時間の道のりと1時間の待ちを考えても、行く価値は十分ありました。
(“聖地”は大げさでした)

せっかくなので、他の施設もちょっとご紹介します。

バイキングレストランの隣りには普通のレストランもありましたが、極端に人が少なかったです。
(洋食レストラン?)

ここは梅の産地のようで、物産館の地下には“梅蔵”があります。
木の花3
これは物産館。
ここから地下に降りていくと、

木の花4

梅干しが入ったカメがづらりと並んでいます。

全国梅干しコンクールなるものも行われているようです。

木の花6

全国から送られてきた梅干しです。
どうするんでしょう・・・?

木の花5

これは日本最古の梅干しです。
約430年前のものだそうです。
どんな味がするんでしょうか。ワインと同じで、年代ものの梅干しもかなりの値が付くと聞いたことがあります。

施設としては、農産物直売所や軽食コーナーなどもあります。
(バイキングの後に娘の要望でソフトクリームを食べました)

【PM2:30頃】
そして、木の花ガルテンを後にし、阿蘇へと出発しました。
※次回へ続きます。


★施設情報(詳しくは、ホームページへ)

「木の花ガルテン オーガニック農園(農家おもてなし料理バイキング)」
(大分県日田市大山町)
大分県日田市大山町東大山 TEL0973-52-3530 (直通)
◎営業時間:11:30~21:00(入店20:00まで)
◎料金:大人(中学生以上)1,365円 シルバー(70才以上)1,260円 小人(4才以上)420円
     ※3才以下は無料です。
※普通のバイキングコースとは別に鶏コースが付いたバイキングもあるようです。(料金別)
◎近くのおすすめスポット:松原ダム、杖立温泉など

九州の人気ブログランキングへ

関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<GW日帰り旅行(後編)~阿蘇縦断ドライブ | ホーム | 検定に出ない熊本雑問題その29>>
コメント
----

木の花ガルデン 行きたくなりました!
高齢者にもやさしい食って感じですね。若者にももちろん種類が多くて嬉しい内容・・・
でも管理人さん お餅とりすぎですよ~
by: HN * 2009/05/08 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

いわれるように、幅広い年代層が楽しめる料理のラインナップです。

でも、忍耐力も少し必要かも。
(待つので)
by: 管理者U * 2009/05/09 18:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/207-27efda4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。