スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
もぐら打ち
2009 / 01 / 18 ( Sun )
ちょっと日にちは過ぎてしまいましたが、今年も各地で「もぐら打ち」が行われていたようです。
阿蘇市のどこかでやっていたのをラジオのニュースで聞きました。
「どんどや(どんど焼き、どんどん焼き・・・などとも)」と並び、1月に行われる昔ながらの伝統行事です。

いろんな地区(全国)で行われていますが、熊本県内でも、掛け声、道具、やり方などさまざまで面白いですね。ラジオで聞いた阿蘇市のもぐら打ちは毎年1月14日に行われているようです。
掛け声も
「14日のもぐらうち。鬼は外~、福は内~」
と言ってました。(こう聞こえたんです)

これって、節分の豆まきと“ごっちゃ”になってますね。
農作物に害を与えるモグラを追い出すという意味で、五穀豊穣(←大げさ?)を願う行事だと思っていました。
まあ、子どもの頃には各家から、もちやお菓子やお金などをもらうのが楽しみで、その意味までは深く考えていなかったような気がしますが・・・。(記憶もあまりないし・・・)

ちなみに、熊本市富合町の「もぐら打ち」の記事を発見しました。
「もぐら打って五穀豊穣願う」(読売新聞)
ここでは、
「もぐら打ち。隣の家まで打ちやれ」
という掛け声です。
隣りの家に行けばいい、ということなんでしょうか。

また、玉名郡南関町のことを書いている方のブログ(熊本/南関の日記)には、
「じゅうさんち~のモグラうち~となりのか~どへとんでいけ~じゅうよっかはどーんどや」

と書いてありました。
丁寧に「どんどや」の告知までしています。隣りに追い出すのは共通していますね。

さて、私の小さい頃(熊本市内)では、
「13日のもぐら打ち。木の下こぐって、たばた(田畑?)いけ」
だったと記憶しています。
玄関で竹に藁を巻いたものを地面に叩きつけていました。
今考えると、田畑にモグラを追いやっていたんですね。(被害が増えそうですが)
※残念ながら、今は子どもも少なく、やっていないようです。

まあ、この手のものは意味など深く考えないほうがいいですね。
答えは出ませんから。
「いろいろあって面白い」程度にして、保存していくことの大切さを考えましょう。

※「もぐら打ち」について詳しく調べた訳ではないので、間違っていたらすいません。


人気ブログランキングへ
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スザンヌの熊本HP | ホーム | 特典もいろいろです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/144-6612c48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。