スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
天草で南蛮寺跡に寄ったがために・・・
2008 / 11 / 13 ( Thu )
天草から熊本市への帰り道、何気ない気持ちで「南蛮寺跡」に寄ってみようと思った。(通り道だし・・・)

南蛮寺跡・・・この不思議な響きに惹かれたのかもしれない。

「南蛮」は、東アジアを植民地化していたスペインやポルトガルのことを表し、「寺」とはアジア文化を代表する宗教で主に仏教における布教の中心的役割を担う建物である。広い意味でイスラム教やキリスト教の礼拝堂にも用いる。「跡」とはその名残り。
このように考えると、「キリスト教の礼拝堂の跡」と分かりやすく表現できるのかもしれない。ただ、当時の言葉で当てはめて「南蛮寺」と呼んでいたのだろう。
呼び方が変わるだけで、どことなく、神秘的要素を含んだエキゾチックな雰囲気を感じさせる。

※補足
【南蛮寺】(なんばんじ)
室町末期から安土桃山時代にかけて建てられたキリスト教教会堂の総称。特に、外国人宣教師が織田信長の許しを得て、京都と安土に建てたものをいうこともある。
(Yahoo!辞書より)

都の南蛮寺図(文化遺産オンライン)
を見ると、当時のイメージが膨らむ。教会とはちょっと違うような・・・とはいえ、都と天草とでは状況が違うので、図のような立派(?)な建物ではなかったのでは。

さて、天草の南蛮寺跡である。
天草市有明町の正覚寺(しょうかくじ)の境内にその跡はある。
正覚寺は比較的大きく、門にも風情がある。そのため、外見からは全く「南蛮」という印象は受けない。本堂もでかい。
正覚寺1 正覚寺2

さっそく覗いてみると、本堂の前に説明看板が。(日韓英の3ヶ国語表記)
看板1 アップ→看板2

天正17年(1589年)上津浦城主ホクロン殿が建立した南蛮寺は、キリシタンの布教活動の拠点であった。最盛期には3500人を超える信徒が上津浦城主の庇護の下にキリシタンに帰依し、ここには宣教師も駐在していたが、天草・島原の乱の跡は弾圧を受け、南蛮寺も破壊されその跡には仏教寺である正覚寺が建てられた。昭和60年、本堂の改築の際に発見されたキリシタン墓碑には、IHSのイエズス会の紋章と十字架が彫りこまれており・・・(以下省略)

ホクロン殿?城主は日本人ではなかったのでしょうか?それともキリスト教のいわゆるクリスチャン・ネームなのでしょうか?
(細川ガラシャのような・・・)

奥に進むと、そのキリシタン墓碑が並んでいた。
墓碑 墓碑2
メインの墓碑。右の拡大をよく見ると「IHS」と読める。(拓本したいと思った人もいるでしょう)

そこにある説明看板の概要は、
天草五人衆と呼ばれる豪族(土豪)の中の一つ、旧有明町あたりを治めていた上津浦氏、上津浦種直が天正18年(1590)がキリスト教に帰依し、洗礼名ドン・ホクロン(←納得!)を名のった。かくしてこの地には、南蛮寺が建立され、全領民の間に信仰の火が燃えひろがった。
(かなり略しました。全文は下写真をクリックしてください)
看板3

ちょっと分かった。
ちなみに「天草五人衆」とは、戦国時代の豪族で、大矢野を中心とした大矢野氏、有明の上津浦氏、栖本の栖本氏、苓北の志岐氏、河浦・本渡の天草氏のこと。

おや?最初の看板には、「天正17年に建立」とあり、後の看板には「天正18年にキリスト教に帰依した上津浦種直の影響(この辺あいまい)で建立さてた」とある。
こういうのって困るんですよねえ。
単純に読んだらつじつまが合わない
歴史には諸説あるは珍しくないが、同じ場所(敷地内)にある看板が矛盾しているのはいかがなものかと・・・。(それとも、私の理解力不足か?)

そんなことより、天草にキリスト教がポルトガル人宣教師ルイス・アルメイダ牧師によって伝えられたのが永禄9年(1566年)のことなので、わずか23または24年の間にこれだけ広まったということがすごい。みんな心の拠りどころを求めていたのだろう。

このように、天草はキリスト教とは密接な関わりがあり、それゆえに激動の歴史を経て現在に至っているのである。
南蛮寺跡だけれもこのように広がりを見せるのだから、天草のキリスト教を軸とした歴史を紐解くと、とても興味深く、面白いのでは・・・と思える。
断片的にはとても有名(天草四郎や現存の教会など)だから、なおさら。

いろいろと本もあるようなので、今度「県立」または「市立」図書館にでも行って、借りてみよう。(読む時間がつくれるかどうかは別として)

人気ブログランキングへ
関連記事
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<くまもと“ゆるキャラ”図鑑 | ホーム | 検定に出ない熊本雑問題その22>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/03/08 11:41 * [ 編集] | page top↑
----

文中に誤りがありましたので訂正しました。
(誤)ルイス・アルメイダ牧師
(正)ルイス・アルメイダ

※「牧師」はプロテスタントで、カトリックだと「神父」(または司祭)だそうです。
歴史上の人物ということもあり、「ルイス・アルメイダ」としました。来島したときはまだ神父にはなっておらず、修道士だったそうです。

ご指摘いただいた方に感謝いたします。
by: 管理者U * 2009/03/13 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uspa.blog27.fc2.com/tb.php/107-7d9f9bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。