スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
国指定史跡予定地へ【川尻米蔵跡(外城蔵跡、船着場跡)】(熊本市)
2010 / 06 / 24 ( Thu )
ちょっと間が空いてしまいましたが、うなぎの後の話です。

先月(先々月?)だったか、

「国の文化審議会が、熊本市川尻の熊本藩川尻米蔵跡(外城蔵跡、船着場跡)を国の史跡に指定するよう文部科学相に答申した。」

というニュースが流れました。

不思議なもので、それまでは単に“歴史のまち川尻らしい史跡”として船着場跡の石段を見に行ったりはしましたが、“国指定”の響きに惹かれ、あらためてその魅力に触れたいという気持ちになったのです。

以下、毎日新聞サイトから

 川尻地区は中世から緑川や支流の加勢川を利用した水運の拠点。1588年、肥後に入国した加藤清正が本格的な整備をしたとされる。軍港としての側面もあり、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際には兵や兵糧を送り出した。
 米蔵跡は江戸時代、熊本藩が年貢米の集積や搬出の拠点として利用した。主に藩南部から集めた年貢米をいったん納入して大坂に搬送していたという。1832年の絵図には3カ所に蔵が描かれているが、現存するのは外城蔵の一部だけ。幕末の19世紀中ごろに造られたとみられ、東棟と西棟がある。ともに木造平屋建てで東棟が585平方メートル、西蔵が210平方メートル。
 船着場は16世紀末に整備された。加勢川右岸に13段の石段形式で造られ、全長約150メートル、幅平均4・7メートル、高さ平均3メートル。終戦直後まで天草からの木材を運ぶためなどに使われていたという。


蔵の存在は回覧板などの地元向けの広報誌で知っていましたが、ここまで歴史があるものとは認識不足でした。
今思うと、確かに見学会などが頻繁に行われていたような気がします。

川尻船着場跡1

川岸にある祠に、船着場跡の説明が書いてあります。
その近くに、きれいな説明板もあります。↓

川尻船着場跡2"

江戸時代には、重要な港だったんですね。

川尻船着場跡3

当時の石段がきれいに残っています。

川尻船着場跡4

写真上のコンクリートの橋は、九州新幹線です。
下の赤い鉄橋は、現在の鉄道です。
こうして見ると、過去そして、現在、未来というそれぞれの輸送手段が混在していることに気づき、確実に時代が移っていることを実感します。
この時代の混在はどこにでもあることで、普段なかなか気付かないんだと思いますね。

川尻船着場跡5

このレンガ造りの何かも史跡でしょうか?

川尻船着場跡6

ただのゴミ焼き場のようですが、そうではないのかもしれません。

さて、次に「御蔵」を見に行きました。

御蔵1

壁が張り替えられているせいか、外見は普通の大きな倉庫に見えます。

御蔵2

頑丈な鉄の扉はしっかりと閉じていました。
やはり、ちょっと古い倉庫の印象しか持てませんでしたが、保存状態が良いせいかもしれません。
それにしてもデカイ倉庫でした。
(中が見たかった・・・)

今回は国指定記念ということで歴史ある川尻のほんの一部しか紹介しませんでしたが、その他にもいろいろあるんですよね。
また機会があれば、うなぎのついでにまわりたいと思います。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
画像ナシでお届けするグルメルポ <うなぎ編>
2010 / 06 / 11 ( Fri )
久しぶりの挑戦です。
結構な労力を使うので、普段はなかなか書くことができません。

外食自体減ってるし・・・

逆にその反動で、たまに大盤振る舞いもしたくなるんです。
(支払い時に後悔することも)

では、どうぞ。


なかなか休みがとれないので、家族で出かけるということが少なかったのですが、久しぶりにお昼ご飯を奮発して“おいしいもの”を食べようと計画。
そこで、家族(嫁さんと娘の2人)に意見を聞くと・・・
「うなぎ!」
と想像もしなかった言葉が娘の口から出てきました。
一体どこで憶えたのか、その味を知っているのか疑問でしたが、かたくなに主張するので、“うなぎ”を食べに行くことにしました。

時間があれば人吉(ひとよし)へと足を伸ばすのですが、午後から仕事へと出かける予定なので、近場で探すことに。
と言っても“食”についての情報が少ない私が思い付くのは、熊本市川尻にある有名なうなぎ料理のお店「W松屋」のみ。
(去年まで近くに住んでいたし・・・)
何度か行ったことのあるお店だし、ついでに寄りたいところもあったので、さっそく出かけることにしました。

昔ながらの風情を残す熊本市川尻。
とっても好きなまちの一つです。

家からは約30分程度。
川尻の商店街を抜け、歴史ある酒蔵「瑞鷹」の前を通り、お店に到着。
(この酒蔵には何度か新酒まつりにも行きました)

久しぶりに行った「W松屋」は、以前よりも駐車場が増えているような気がしました。
正式には「七代目 W松屋」のようです。(看板などを見ると)

ここは、今から約160年前の江戸時代(安政年間)に初代の善兵衛さんという人が創業して、現在七代目になります。そして、肥後象嵌(ひごぞうがん)と並らぶ歴史を持ち、“熊本にたった一軒”の古い伝統を持つうなぎの老舗です。
(と箸袋に書いてありました)
細川のお殿様も食されたそうです。

「古い伝統」がどういう定義かは知りませんが、“熊本にたった一軒”と自信を持ってうたっているところに、その味へのこだわりもうかがえます。
もちろん期待も高まります。

正午前なのに、結構一杯の駐車場に車を停めていると、ちょうど他の車も2台ほど停めていました。
繁盛店によくある光景ですが、待ちたくないので、できるだけ早く店内に入って受付をしようというと、車から降りた人は、みんな先を急ぐように店内へ。
しかも、あからさまに走るのではなく、ちょっと早歩きで、受付担当の人のみが先に行くのです。
(うなぎは時間がかかるということもあるからでしょう)
娘がいる私たちは不利な状況でした。
先に車を降りようとしていたのですが、先を越されてしまいました。
(ちょっとくやしい・・・)

お店の入口横からは、強力な換気扇がワンワンとうなり声をあげ、もうもうと煙を外に吐き出していました。
娘が「火事みたいだね」と言ってましたが、まさにその通り。
でも、火事とは違い、とってもいい匂いがします。
この匂いに胃袋も刺激され、食べるのがとっても楽しみになるんです。

店内以外と広く、右手には、増築されたように見える新しめのテーブル席が並ぶ部屋、そして左奥にも部屋があるようでした。(見えませんでしたが・・・)
正午前なのに、通されたテーブル席が並ぶ部屋は満席でした。
さすが老舗の名店です。

家族連れ、上品な奥様グループ、仕事途中のおじさんなど客層はさまざま。
(上記は見た目のイメージです)
かつては殿様も食した老舗でありながら、客層を選ばない敷居の低さが長年続く人気の証なのでしょう。
なので私も(たまにですが)行くことができるのです。
ちなみに子ども用の椅子はありませんでした。

何を食べようか考えながら席に着くと、お店の人がお茶とメニューを持ってきました。
そのメニューを見て、ちょっと驚きました。
メニューには4つしか書いてありません。

蒲焼御膳(松)2800円
      (竹)2300円
      (梅)1800円
うな丼     1500円

以上。(記憶を頼りに書いたのでちょっと間違っているかもしれません)

しかも、内容もよく分かりません。
娘には、私たちのを分けてあげればいいかとも思いましたが、その量も不明なので、結局、蒲焼御膳(松)2つとうな丼1つを注文しました。
(ちょっと嫁さんは心配そうな表情でしたが・・・ ※予算的に)
後で聞きましたが、土日はお客さんが多いので、こういうメニューになっているそうです。
なので平日などは、いろいろとメニューもあるようなんですが、残念ながら行った日が土曜だったため、選択しが限られてしまいました。
まあ、これも経験です。

先ほどの駐車場から店内へのバトルと同様、注文のスピードも重要。
私たちが、たった4つの中で、何にしようかと考えている横で、座ったとたんに店員さんを呼んで、注文する人たちもいました。

“うなぎ料理”は基本的に注文してから結構待ちます。
周りに迷惑がかからない程度に、娘と手遊びなどをしながら、料理が運ばれてくるのを待ちました。
約10分くらいでしょうか・・・料理が運ばれてきました。

まずは「蒲焼御膳(松)」。
メニューの中で一番高い料理です。
2段の重箱には、御飯(下段)とうなぎ(上段)がそれぞれ入っています。
たっぷりのタレが付いているうなぎは、名刺サイズ程度にカットされ、計6枚入っていました。
なかなかのボリュームです。

見た目、匂いの両方ですっかり虜です。
あと、肝吸、肝の煮付け(?)、骨煎餅、香の物、デザートが付いています。
娘の分のうな丼も結構な量でした。

そしていよいよ・・・と行きたいところですが、“猫舌”の私はすぐには食べません。
熱いままに食べてしまうと、「アツッ、アツッ」となって、十分においしさを堪能できないのです。
(もったいない!)
最初から最後まで、しっかりとおいしさを味わうために、ちょっと我慢するんです。

なので、まずは隣りに座った娘のうな丼を、重の蓋(の裏)を取り皿替わりに使用して、食べやすいように取ってあげます。
(子どもにこんな贅沢いいのだろうか・・・と思いながら)
当然ながら娘はおいしそうに食べます。
向かいに座っている嫁さんも、笑顔で、黙って食べています。

ようやく、うなぎを味わう準備が整いました。
目視で、うなぎと御飯の配分を決め、まずはうなぎを約2センチ四方程度の大きさに取り、満を持して口へと運びます。
やわらかいうなぎの身と、ほんのり甘みのあるタレが、一口サイズにもかかわらず、口の中に広がります。
予想通り・・・いや、それ以上のおいしさに大満足。
目をつぶって、モグモグしていると、嫁さんに笑われてしまいました。
(おいしいものを食べるといつも目を閉じてしまうんです)

最初の一口の余韻に浸った後は、ちょっと大きめのサイズにして、次々口へと運びました。
結構なボリュームなので、すぐにはなくなりません。
途中、肝吸いなどをいただき、じっくりと時間をかけていただきました。

「おいしいねえ」
「うん、おいしい」
「おいしー」
この言葉が私たちの間で、何度飛び交ったことでしょう。

“あんこ”や“せいろ蒸し”でなくても、こんなにおいしくうなぎをいただけるなんて、さすがです。
“川尻”そして“老舗”というのも、脳内に旨み成分を分泌させる効果があるのかもしれません。
(なんとなく)

お腹も一杯になり、最後のデザートを残すのみとなりました。
と、隣りの娘を見ると、まだ5分の1程度を食べたところ。
その時点で、「おなかいっぱあい」と言い出しました。

やっぱり・・・
4才には多すぎたようです。
(そもそも、本当にうなぎが食べたかったのでしょうか???)
さらにお腹が膨れ、デザートの寒天のようなものは残してしまいました。
腹十一分目くらいだったせいなのかもしれませんが、ちょっと残念です。
(絶品であれば食べていたかも)

ともかく“うなぎ”には大満足。
高いお金を払った甲斐がありました。
(家族サービスもできたことだし)

店を出るときに、例の煙にまたもや包まれたのですが、やっぱりおいしい匂いがしました。
そして、また“うなぎ”を食べに行こう、と思うのでした。

その後、食べすぎたので、近くを散策(後日紹介します)して帰りました。
川尻って、ほんと良いところですよねー。
(おわり)
九州の人気ブログランキングへ

熊本の食(バイキング) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。