スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
やっと石人と出会うことができました。【武装石人/下井手八幡宮】(荒尾市)
2010 / 03 / 14 ( Sun )
年度末のせいか、何やらに忙殺される日々が続いています。
もはや気力勝負の世界・・・。
それでも、私の寄り道グセは収まることはなく、自分で自分の首を締めあげている状態です。

そんな中、何度か挑戦して、なかなか出会うことができなかった「石人」についに対面することができました。
荒尾市の「下井手八幡宮」の境内にあるこの「石人」は、神社と接する「三の宮古墳」のものと考えられているが、はっきりとしたことは判ってないようです。

下井手八幡宮1

遠目からも、何やら“ありそうな”雰囲気を感じます。
地図で確かめていなかったので、とにかくこの森を目指して車を進めました。
(何度も行ったり来たりしながら・・・)

下井手八幡宮2

巨木に囲まれた、まさに“鎮守の森”という印象を受けました。
ここに「石人」がいるかと思うと、ドキドキです。(大げさですが)

下井手八幡宮3

社殿です。
いたって普通の建物ですが、耐震補強工事(つっかえ棒)が施されていました。
結構歴史が古いのかもしれません。
この「下井手八幡宮」は「三の宮神社」とも言われます。玉名市にある「野原八幡宮」の三ノ宮という表現をされていたサイトもありましたが、詳しくは分かりません。

下井手八幡宮4

「犬の運動おことわり」だそうです。
おそらく、犬を連れて横切る程度なら許すけれど、境内で散歩させたり、トレーニングさせたりすることはダメですよってことでしょう。

そんなことはどうでもいいとして・・・

石人1

どうやらここに「石人」がいるようです。
入れないように針金の網でガードされています。

石人2

ついに御対面!
これが「石人」です。だいぶ削れていますが、兜や鎧をまとった「武装石人」です。

(はじめまして)

表面は朱色に塗られていたそうです。
「石人」は筑後、北肥後の限られた地域に分布しているそうで、5世紀から6世紀に造られた古墳を装飾するためと説明板に書いてありました。
写真を見て分かるように、脚の部分がありませんが、最近見つかったそうです。
ぜひ、くっつけてあげて欲しいものです。

さらに「国指定重要美術品」であるとも書いてあります。

聞いたことがありません。
調べてみると、

重要美術品(じゅうようびじゅつひん)は、文化財保護法施行以前、旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」に基づき日本政府(文部大臣)が、日本国外への古美術品の流出防止を主目的として認定した有形文化財のことである。
(フリー百科事典「ウィキペディア」より)

とあります。
つまり、結構古い法律での指定であり、廃止された現在でも認定効力を保ち続けているそうです。
(新しい法律で指定を受けたものも当然あります)
取り消される可能性もあるというわけです。
まあ、この「石人」は大丈夫でしょう。

石人3

「石人」のある小屋の隅っこには、なぜか埴輪が置いてありました。
しかも後ろ向き。
誰かのいたずら?それともこれも発掘されたものでしょうか?

三の宮古墳

「三の宮古墳」の標木の横に、板碑のようなものがあります。
これは、石室の壁材で、赤い顔料が塗られていたそうです。(なんとなく分かります)
なので、この古墳は“装飾古墳”ということになります。
(へー)

三の宮四方仏1

境内には、もう一つ、金網でガードされたものがありました。
「三の宮四方仏」です。

三の宮四方仏3

説明板の拡大画像はこちら(←クリック)

筑後の名石工が正平8年(1353年)に造った石塔で、4面に仏像が彫られています。
この4面部分以外は後年に造られたもので、美術性の高い技術が施されています。
ちなみに“正平”という年号は、南北朝時代の南朝の年号です。

「石人」がメインでしたが、これは掘り出し物ですねえ。

三の宮四方仏2

ただし、こんな状態。
保存したいのは分かりますが、もうちょっと考えて欲しいものです。
彫られている仏像は分かりますが、目がチカチカするし・・・。

今回は、荒尾市の「石人」を訪ねましたが、どうやら他にもあるようです。
実際のところ、モニュメントなどは知っている(和水町にある)のですが、もう少し調査してみようと思いましたね。

(あー、こんなことしている場合では・・・)
九州の人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
通潤橋の手本ともなったといわれる熊本最古の水路橋【雄亀滝橋(おけだけばし)】(美里町)
2010 / 03 / 09 ( Tue )
「雄亀滝橋」・・・これを最初に見て「おけだけばし」と読める人はまずいないでしょう。どこに「け」と読む要素があるのでしょうか。不思議です。
「おきだきばし」と発音することはできるので、いつの間にか「き」→「け」に変化したのでしょう。

さて、この「雄亀滝橋」は、普通の石橋とは少し違います。
交通の便を良くするために、木の橋よりも強度のある石橋を川に架けた通常のものとは目的が違います。
川から水を引き、水田を潤すために水路の一部として造られた“水路橋”なんです。
そうです。国重文の「通潤橋」(山都町)と同じなんですね。

「雄亀滝橋」は、下益城郡美里町(旧砥用町)の山の中にあり、またもや仕事の途中で、ちょっと寄り道してしまいました。今回このを訪れるのは2回目です。

前回訪れたときの記憶を辿り、国道218号から県道153号へと入り、案内板に従って車を走らせました。
こんな山の上に橋が必要なのかと疑問に思えてくるほど登っていきます。
国道から15分ほどで入口に到着しました。

雄亀滝橋1

道路脇に車を停めて、ちょっと歩きます。

雄亀滝橋2

道沿いに水路が続きます。
この水路が「柏川井手」(かしわがわ(ごう)いで)で、文化10年(1813年)に、砥用手永(ともちてなが)の惣庄屋(←村長さんみたいな人?)であった三隅丈八が計画して造りました。
完成まで6年の歳月を費やしたといいます。
手掛けた石工の中には「岩永三五郎」がいました。
(岩永三五郎については、国府高等学校のサイトが詳しいです)
井手の長さは11kmというからすごいです。(しかも現役!)
水は当然高いところから低いところへと流れるので、11kmの水路には傾斜が必要ですし、緻密な計算を基に計画されたことが分かります。
200年前にはすでに、高度な測量技術があったんですね。
(取水口を見てみたいと思いました)

雄亀滝橋3 雄亀滝橋4

案内板が2つありました。
美里町教育委員会(左)のものと、熊本県教育委員会(右)のものです。
どちらも手書きで古そうな看板だと思っていたら、美里町教育委員会の案内板は、“平成二十年三月”と書いてありました。デジタル化の時代にあえて、手書きの案内板なんて素敵です。
雰囲気を壊さないような配慮なのかもしれません。

でも、この二つの案内板は、ちょっとずつ内容が異なります。
個人的に美里町の案内板を支持しようと思いました。
(でも、来た人は混乱するでしょうね)

雄亀滝橋5

水路のせせらぎを聞きながら2~3分ほど歩くと、「雄亀滝橋」が見えてきます。
そう広くはありませんが、深い谷に石橋が架けられています。
三隅丈八がこの谷の険しさに当惑したことから「当惑谷」と名付けられたそうです。

雄亀滝橋6

昔はあったそうですが、今は欄干(手すり)がないので、おそるそる渡ってみました。
誤って落ちたら大変です。
こんなところ、おそらく誰も助けに来ません。
(稀に石橋ファンが来る程度?)

でも200年の歳月を経た石橋の肌はとても魅力的でした。

雄亀滝橋7

先には土砂崩れの跡のようなものがありました。
次第に心細くなってきたので、すぐに引き返しました。

雄亀滝橋8 雄亀滝橋9

これは、石橋の脇に取り付けられている(おそらく)水門を開閉する装置です。
流す水の量を調整するのでしょう。
(まだ動くのかな?)

雄亀滝橋10

車まで戻った後、ついでに水路に沿って上流のほうへと少しさかのぼってみました。
水の流れが見える場所と塞がっている場所があります。
耳を澄ますと、水琴窟(すいきんくつ)を思わせる水が響く音が聞こえてきます。
(ただし連続音)
どことなく風流でした。

久しぶりに石橋を堪能しました。

ここで注意。
最初の写真で見えていますが、先に続く道へと進まないで、来た道を引き返しましょう。
とっても怖い目に遭います。
(狭くて、怖くて、大変な目に遭い、結局引き返しました)
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
このキャラ、サプライズ?
2010 / 03 / 07 ( Sun )
熊本の九州新幹線開業に向けた事業へのアドバイスを天草出身の脚本家・小山薫堂氏がアドバイスしているというのは、昨年からニュースでちょくちょく採り上げられていましたね。

そして、「サプライズ」というキーワードで取り組むそうです。

さらに、PRキャラクター「くまモン」も完成しました。

くまモン
(熊日新聞より)

小山氏の事務所(デザイン事務所?)が作ったそうで、どことなく本人にも似ている気がします。
(すいません)
スタッフの方がデザインされたと思うんですが、やはり熊本の“熊”なんですね。
県外の人は、熊本という名前だけで“熊がいる”と思っている人が結構いると聞いたことがあるんですが、その流れでイメージ化されているんでしょう。

でも、熊本には結構“熊”のキャラってあるんですよね。(熊本県警の「ゆっぴー」など)
しかも違和感なく使われているような気がします。

「熊本に本当に熊がいたらサプライズ」というところでしょうか。
(動物園やカドリードミニオンにはいますが・・・)
九州の人気ブログランキングへ

熊本ゆるキャラ情報 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
阿蘇の麓、勝負事に御利益がある【藤谷神社】(阿蘇市)
2010 / 03 / 05 ( Fri )
気がついてみれば、また神社ネタですいません。
どちらかというとバチ当たりな行動もしているので、軽い気持ちで接してください。

とはいえ、神社は日本文化が凝縮されていると同時に、理屈では説明できない摩訶不思議な空間、それが私にとっては魅力ある場所の一つなんです。

今回は、結構“阿蘇”には行っていて、それなりの情報を持っていると思っていた私も初めて知った神社です。
そもそも、鳥居の存在は知っていたんですが、その先に何があるかなんて、これまで気にしていませんでした。
というのも、その鳥居の背後には阿蘇五岳があって、それ以外は何も見えないので、火口信仰の流れで、単に鳥居だけがそこにあるものとばかり思っていました。

その鳥居がこれ↓
藤谷神社1

阿蘇市にある「阿蘇いこいの村」へ行く道の途中にある朱塗りの鳥居です。
たしかにこれまでも少しは気になっていました。

たまたま近くにある観光農園「カップルズ」のスタッフの人に話をする機会があり、鳥居のことを尋ねたら、「勝負事に御利益がある神社がありますよ」と教えていただいたんです。
なんでも、毎日通っている人もいるほどで、知る人ぞ知る神社らしいです。
毎日勝負事に関わりのある人って・・・と何をお願いしているのか気にはなりましたが、確かめようもないので、想像にとどめておきました。

藤谷神社2

「カップルズ」は、ちょうど“いちご狩り”のシーズンです。
※参考:果実の国「カップルズ」ホームページ

スタッフの方に「そんなこと(神社のこと)を聞くなんて、結構マニアですね」と言われ、軽いショック状態になりつつも、私の足は鳥居へと向かいました。

藤谷神社3

朱塗りの鳥居の隣りに、きちんと由緒がありました。
「藤谷神社」です。
ちょっと文字が薄くなって読みづらい箇所もありましたが、祭神は「大山祇神」(おおやまつみのかみ)と書いてありました。一般的に“山の神様”ということのようです。
養老元年(717年)に天竺の龍海山より阿蘇の峠に降臨したとされ、地元の人は「円徳さん」(境内にある標柱では「丹徳坊」)と呼んでいるそうです。「円」か「丹」か、判別が難しかったのですが、「天竺」も含め、神社というようりは仏教に近い印象です。
この辺りが、明治時代の神仏分離政策以前の名残が今なお見られている一つなんでしょう。

そんな難しいことよりも、どんな神社なのか見た目が大事。
朱色の鳥居をくぐり、車で300メートルほど行ったところに「藤谷神社」はあります。

藤谷神社4

期待を持たせてくれる石垣をまず見ることができます。
駐車場も結構広く、それなりに参拝者がいることも分かります。
かつては宮司さんがいたらしいのですが、今は地区の人たちによって大切に管理されています。

藤谷神社5

写真で分かるでしょうか。
鳥居が連続してあります。
お稲荷さんなので、鳥居がズラリと並んでいるのは見たことがありますが、普通の神社で、普通の鳥居が連続して2つ並んでいるのは初めて見ました。
この鳥居がいつ頃建てられたのかをチェック。

藤谷神社6 藤谷神社7

上左写真が手前の大きめの鳥居で、昭和14年と刻まれています。
上右写真が奥にある小さめの鳥居で、昭和4年と刻まれています。

ん?
わずか10年の間に2基の鳥居が設置されたことになります。
どういう理由かは分かりませんが、それなりの事情があったのかもしれません。
当時はまた新しい鳥居だったはずで、その鳥居の前に、しかもすでにある鳥居よりも大きいものを設置したということですね。
昭和14年といえば、ちょうど「第2次世界大戦」が勃発した年でもあります。
(関係なさそう・・・)

藤谷神社8 藤谷神社9

境内には、ちょっと顔が大きめの狛犬や、手を清めるにはちょっと・・・の手水場などがあります。

藤谷神社10 藤谷神社11

さらには、鬼子母神堂があり、中には恐い掛け軸がありました。
(写真を撮るのにも、かなり勇気が必要でした)
ただこれって、神社よりも寺院によくありますよね。

藤谷神社12 藤谷神社13

そしてこれが「藤谷神社」の社殿です。
中には、天狗のお面や画が飾られ(祀られて?)ています。
先に由緒ところで「阿蘇の峠に降臨したとされ・・・」と書きましたが、降臨されたところが阿蘇五岳の一つである高岳にある「天狗岩(谷)」であり、祭神である「大山祇神」を“天狗様”と崇敬していたことと関係があるのでしょう。
また、勝負事に霊験あらたかなだけに、馬も奉納されていました。

藤谷神社14 藤谷神社15

今回、「おー」と思ったのは、社殿の裏側に建てられている石碑の石積みされた土台部分です。
石の複雑な形を、見事に組み合わせてあります。(上左写真)
このくらいの量であれば、もっと簡単な石積みができたと思うんですがね。
上右の写真のように、表面がブツブツした石です。
阿蘇だけに、溶岩なのかもしれません。

藤谷神社17

そう言えば、火山灰もたくさん積もっていました。
これもまた火山の麓ならではの光景です。

神社の境内に鬼子母神堂があったり、天狗様や丹徳坊と呼ばれていたりと、ちょっと古い時代の日本人の信仰のカタチに触れたような気がしました。
(その信仰がどんなもんか、実際のところは知っている訳ではありません・・・)

勝負に挑まれる方は、ぜひこの神社へどうぞ。
九州の人気ブログランキングへ

伝統・歴史・文化 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
お菓子屋さん巡りと【坪井川緑地】(熊本市)で遊ぶ
2010 / 03 / 01 ( Mon )
最近“神社ネタ”が多いということもあり、怪しいサイトだと思われかねない、というご指摘をダイレクトにいただきました。
(えー?とは思ったんですが・・・)
私自身、そんなつもりはないのですが、今回はクッション材として普通の日記のような内容を掲載したいと思います。

今日(日曜)は家族で、熊本市内のお菓子屋さんを何軒かまわりました。

※以下内容は、個人的感想であり、誤解を招く恐れもあるので、店名はイニシャル表示とさせていただきます。

スイーツ1

流通団地を抜ける“けやき通り”にある「メゾン・ド・K」です。
動物をかたどったチョコレートがたくさんありました。
娘が熊を指して、「この豚さん買いたい」と言ってました。
熊を豚と見間違えるのはいいとして、何故豚を欲しがるのか不思議でした。
(買いませんでしたが・・・)

スイーツ2

さて、2軒目は、江津湖沿いにある「シェ・T」です。
ここは昔からよく行ってました。
(まあ私の感覚での“よく”は、半年~1年に1回程度です)
バームクーヘンに力を入れているようで、製造過程の映像も流れていました。
お客さんもそれなりに多く、注文するまで、そして箱詰めしてくれるまで、ちょっと待ちました。
先ほど娘にチョコレートを買ってあげなかったので、ここでチョコレートクッキーを買ってあげました。(安かったから)

スイーツ3

最後は、健軍電停近くにある人気店「K樹」です。
とても賑わっていました。
コーヒーの無料サービスが嬉しかったですね。
「K樹だより」というスタッフの方の手づくりのチラシを読みました。
スタッフの飼い犬が虫歯で、4本も抜いたそうです。
そんな情報が掲載されています。アットホームな雰囲気が人気の理由の一つだと感じました。

本当は、あと2軒ほど行きたかったのですが、午後から動き出したせいもあり、娘が「遊びに行きたい」とせがむので、この3軒で終了しました。

結局、どこのお店がいいなんて判断はできませんね。
お菓子を買うのって、「友人などへのちょっとした差し入れ」「お祝い時やお客様への贈答用」「単に自分が食べたいため」など、いろいろと理由があると思います。
なので、自分に合ったお店を自分で探しましょう。
(もちろん1回ではなかなか分かりません)

役に立たない情報ですいませんでした。
今回、何軒もまわった理由の一つがこれ↓

プリン

そうです。
プリンの食べ比べです。
そんな気分だったのです。

結局・・・どれもおいしかったです。
たまにはこんな贅沢(?)もいいかなあ、と思いました。

さて、娘を連れて遊びに行ったのは、「坪井川緑地」にある「ひごっこジャングル」という大型遊具です。

坪井川緑地公園1

多くの家族連れで賑わっていました。
娘は目を輝かせて走り回り、何回もすべり台で遊びました。

坪井川緑地公園3

ちょっとタバコを吸いにその場から少し離れました。
大型遊具を囲む黒い柵の外にでました。
上写真の光景を見て、動物園によくある“猿山”を思い出しましたね。
もし、ここから出られなくなったら、きっとボスが出現するのでしょうね。

そんなことはどうでもいいとして、また遊びに行きたくなる場所でした。
駐車場が少ないのがネックですが、子どもがいる家庭にはおススメのスポットです。

※参考:熊本市ホームページ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。