スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州の人気ブログランキングへ

スポンサー広告 | page top↑
そして御船町恐竜博物館へ
2008 / 04 / 30 ( Wed )
前回の城南町の塚原古墳公園で遊んだ後は、2歳の娘にはちょっと早いかな・・・と思いながらも御船町の恐竜博物館へ行きました。
御船町は、日本で最初に肉食恐竜の化石(ミフネリュウ)が発見された場所で、天草の御所浦島と並んで、化石発掘が盛んな地区です。

施設自体はさほど大きくありませんが、入口にある恐竜のモニュメントが迫力いっぱいに出迎えてくれます。
2008.4.27塚原古墳、恐竜博物館 (41)

入場料は大人200円で、小学生未満は無料です。(29日の昭和の日は無料だったんです!)
さっそく展示されている化石(レプリカ)を見学。家族連れがいっぱいでした。
その一角では、恐竜を折り紙で作成するコーナーがあり人気でした。
関連書籍コーナーも充実。恐竜好きの子どもたちはとても楽しめる施設だと思いました。

そして発見されたミフネリュウの化石(歯)を見つけました。
意外と小さいもんですね。
2008.4.27塚原古墳、恐竜博物館 (48)

一通り見学しましたが、娘にはピンとこなかったようで・・・化石よりも絵本を読むのに夢中でした。
結局、一番人気があるのは、入場料を払う前に見ることのできるレプリカ(上写真)のようでした。(みんな記念撮影しています)
まあ、子どもにとっても骨だけを見るよりも、ちゃんと恐竜の形をしているほうが分かりやすいですからね。

博物館の隣には文化ホールがあります。
トイレを兼ねて、ちょっと覗いてみました。
すると、何かしら「ごーっ!ごーっ!」と轟音が響いています。もしかして恐竜がいるのかっ、と思いましたが(ウソです)、ロビーのソファで大いびきをかいているおじさんでした。ただでさえ静かな文化ホールに、この轟音はみんなの目を引きます。(もちろん本人は寝ているので何もしらないのですが・・・)

ちょっと離れて、自販機で買ったコーヒーで休憩。(見物)
確かに照明も暗めで、温度もちょどよく、しかも静かなので、寝たくなるのも分かるなあと思いました。ちなみの大ホールでは何も行われていませんでした。

隅に飾ってあった今は無き「御船眼鏡橋」の模型を見たので、こんど御船町には石橋を見に行こうと思いました。(おわり)
2008.4.27塚原古墳、恐竜博物館 (52)

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
検定に出ない熊本雑問題その4
2008 / 04 / 28 ( Mon )
世間ではゴールデンウィークに入ったという雰囲気がありますが、普段の日曜日と同じように手軽な休日(翌日仕事ということを考え)を楽しみました。

昨年のGWにも訪れた城南町の国指定史跡「塚原古墳公園」(つかわらこふんぐん)です。町のホームページによると、77基の古墳が復元され公園化されていますが、実際には約500の古墳があると推定されているそうです。

思ったより家族連れが多くて、昨年書き込んだブログの影響もあるかも(ありえませんが)とほんの少しだけ思ったのでした。
多くの遊び方は、気に入った古墳の上に登って、ソリなどで滑ります。子どもは大喜び。
私たち家族は、ソリを持っていないので、とりあえず登って楽しみました。お墓がこのように後世になって多くの人に利用されるってのはいいですね。
2008.4.27塚原古墳、恐竜博物館 (2)
ちゃんと古墳に名前も付いています。(写真は丸山12号墳)
人気のある古墳(少し大きめ)は、だいぶ芝が減っているので一目で分かります。

今回の目的は、公園の奥にある遊具のある公園。
巨大な船をイメージした木製の大型遊具やすべり台などがあり、たくさんの子どもたちが遊んでいました。
2008.4.27塚原古墳、恐竜博物館 (11)
一通り遊んで、帰りに昼食でも食べて帰ろうかと思っていると、何やらビラを配っているおばさんがやってきました。売店で簡単な食事等を出している地区の婦人会(?)の方でした。昼どきなので営業をしているようでした。
「うちはテ○屋とはちがいます」(すぐ近くで営業していました)
というようなことを言っていたように思います。
金額もとても良心的です。(カレー300円、おにぎり2個100円など)
2008042712140000.jpg
これが、食べたカレーです。おいしかったです。
それほど人がたくさんいたわけではなく、結構弁当持参の家族が多いようだったので、お店自体は賑わってはいませんでした。
お店の中では、絶え間なくプリンターからチラシが印刷されていて、女性の方がそれを取って「配ってくる」と営業へと出て行きました。「この人をうちの営業にスカウトしたい」とちょっと思いました。
観光客用はでなく、普段から地元に愛されている史跡もいいですね。

昼食を食べた後は、御船町へ。
長くなるので、次回に紹介します。

さっそく今回の問題です。
塚原古墳公園には、資料館の他にある施設があります。この施設も子どもたちに人気ですが、それは次のうちどれでしょうか。

①近くに棲む魚が見られる水族館
②予約がいらないお金もいらない天文台
③馬が1頭しかいない乗馬場
④返さなくてもいいリサイクル図書館
⑤試飲ができる地ビール館

人気ブログランキングへ

九州の人気ブログランキングへ

ヒントと前回の答え
検定に出ない熊本雑問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
満足感と疑問符と・・・
2008 / 04 / 25 ( Fri )
我が家は一家揃って(3人)食べるのが大好きです。
決して裕福ではないので、外食はそれほど多くないので、たまに外に食べに行くとなると盛り上がります。

石打ダムに行った日曜日の夜は、奮発してバイキングに行きました。
熊本県庁そばにある熊本テルサの「阿蘇フェア」です。
そのチラシがこちら。
2008.4.20テルサ阿蘇フェア

実は、前から「阿蘇フェア」に行きたいとは思っていたのですが、このチラシを手に入れてから気になることがありました。
それは、このチラシに書いてあるメニューです。
ほとんどには「阿蘇の○○」「大阿蘇○○」など「阿蘇」という名前や土地の名前がついたメニューに混ざって、普通の料理もあったからです。
特に、一番最初に書いてあったのが「牛ロースのステーキ」。
(・・・)
「阿蘇のあか牛」でも「肥後牛」でも「和牛」「国産牛」も何も付いていない「牛」のステーキだったのです。

そんな不安を抱きつつ、お店に到着しました。
日曜の夜なので、「待ち時間が長くないといいなあ」と思っていましたが、ノープロブレムでした。

店の前には、阿蘇をPRするチラシやポスターなどが展示してあり、阿蘇にまつわる問題が載っているパネルもありました。その答えは、阿蘇まるごと検定公式テキストブック「阿蘇の達人」(定価1500円)を購入すると分かるようです。フロントで買うことができます。
2008.4.20テルサ阿蘇フェア (2)

席に座ると、バイキングと追加でドリンクを注文したので、一人2700円(2500円+200円)でした。2歳の娘は無料。(これはほんとに助かります!)
さっそく、バイキングを楽しみました。
2008.4.20テルサ阿蘇フェア (3)

チラシに書いてあったとおり、品揃えは豊富です。私のお気に入りは田楽(豆腐)です。

しばらくして、女性の店員さんに、気になっていたことをさりげなく尋ねてみました。
「料理の名前に阿蘇って書いていないのは、普通の料理なんですか?」
すると、
「阿蘇フェアなので、たいてい阿蘇のものですよ」(断定されたかどうかは憶えていません)
そして核心に迫る質問へ。
「すると、このステーキも阿蘇の肉なんですか?」
(ちょっと間があって・・・)
「はい。確か阿蘇のあか牛だったと思いますが・・・」
想像していたのとは違う答えだったので、ちょっと頭を整理して、
「おいしそうですね」
と笑顔で答えました。
そして、阿蘇のあか牛のステーキをさっそく食べてみました。
一口食べると「?」のマークが頭の中に点灯。イメージしていたあか牛のおいしさとはちょっと違う味がしました。何度食べても「?」は消えません。
嫁さんに聞くと、「とてもおいしいよ」という返事。娘は満面の笑みでほおばっています。

デザートもたくさん食べ、バイキングを満喫しました。
テルサでは、熊本県内各地のフェアを行っているそうです。他の地域のフェアも行ってみたい気がするのですが、メニューには、「その地域のもの」と「そうでないもの」を分けて書いて欲しいですね。

満腹で、とても満足したのですが、何故か今でも頭の中の「?」が消えていません。

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

熊本の食(バイキング) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三角ファミリーランドから石打ダムへ
2008 / 04 / 22 ( Tue )
先の記事で紹介しました理想的なレジャー施設を後にして、私たちは「石打ダム」を目指しました。宇土半島にダムがあるなんて、不思議な感じがしていました。

熊本ではダムという言葉に敏感な人がいますが、あくまでもレジャーの一環として訪れたので、変なことは書きません。
「石打ダム」は、見た目は普通のダムです。
2008.4.20三角ファミリーランド (4)

緑川ダムに比べると規模は小さいですが、しっかりと利水や防災に活躍しているようです。
戸馳島にも水を送っているようです。(←強調した意味は特にありません)
近くには三角線の石打ダム駅もあります。

ダムには、かつて資料館として機能していたらしい建物があります。
くまもとアートポリス構想の建築物ということもあり、モダンな形をしています。
概要はこちらのホームページ(三角町商工会)で。
なぜ“かつて”と表現したかというと、展示してある機械(ボタンを押すとダムの説明が映像で流れるなど)のほとんどが“故障中”だからです。
2008.4.20三角ファミリーランド (1)

↑とても立派な機械なのに、もったいないですね。
管理人らしき人も、申し訳なさそうにしていました。

建設当時はお金があったのでしょう。
いまさら修理する必要はないように思いました。もったいないかもしれませんが、全部撤去して、パネル展示くらいにとどめ、休憩所にすればいいと思います。
正直訪れる人は少ないでしょうから・・・(たまに私たちみたいなのが訪れますが)

ダム湖には釣り人は結構いました。(10人くらい)
歩いていると、リスらしき小動物が、ササっとかけていきました。周りは山だから当然でしょうが、ひょっとしたら三角ファミリーランドから逃げてきたのかもしれません。

三角ファミリーランドへ行ったら、石打ダムもセットで見学しましょう。
ここでアドバイス。
石打ダムまできたら、まっすぐ道を抜けようとせずに、来た道を(三角方面へ)引き返しましょう。
まっすぐ(宇土方面へ)行っても帰れますが、途中ほんとに心配になるくらい道が狭いです。熊本流に表現すると「離合」できない道が続いています。

帰りは、御輿来(おこしき)海岸がキレイでした。
もう潮干狩りのシーズンなんですね。家族連れが何組かいました。


人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
検定に出ない熊本雑問題その3
2008 / 04 / 21 ( Mon )
20日はとてもいい天気でした。
130年ぶりに復元された熊本城本丸御殿大広間では、何万人という人が訪れたようですが、私はかねてより行きたいと思っていた「三角ファミリーランド」へ行ってきました。家族3人で、弁当を持って、遠足気分です。
この「三角ファミリーランド」とは、知らない人もいるかもしれませんが、
「知的障害者更生事業の一環として、利用者が農園の管理や諸動物の飼育等を行ない、立派に社会復帰出来る様毎日一生懸命頑張って運営している施設です。又、来園者がリスやうさぎと遊び自然とふれあいながら勉強したり、観光農園で楽しんだりして、自然の中で自由にかけ廻る事の出来る健康的な熊本で唯一の理想的レジャーランドでもあります。」(ホームページより)
という施設です。
どうですか、「熊本で唯一の理想的レジャーランド」に惹かれるのではないでしょうか。
グリーンランドなんか眼中にないという感じです。

車で宇土半島を通り、南側より山の中へ。石打ダムの近くです。
2008.4.20三角ファミリーランド (29)
入口駐車場の看板です。

さっそく入園しようとすると、下のような置手紙が・・・
2008.4.20三角ファミリーランド (30)
なんだか心が温かくなりました。
このようなところでは、悪いことをする人もいないのでしょう。まさに理想的です。

さっそくメインのリスがお出迎え。
2008.4.20三角ファミリーランド (31)
1匹でしたが、とてもかわいいです。

弁当をおいしく食べた後、いろんな動物(ヤギやアヒルやうさぎ)と触れ合ったり、保育園から寄贈された遊具などで遊んだりしました。
2008.4.20三角ファミリーランド (7)
しかし、メインのリスは、入口の1匹以外に見ることはできませんでした。おそらく寝ていたのでしょう。(どこで寝ているかも分かりませんでしたが・・・)

そこでは、5組ほどの家族が来ていたのですが、作業着の老夫婦が1組いました。
なんか、不似合いだなあと思っていると、ヤギとの触れ合いのコーナーで、子ヤギを無理やりつかまえて、「これ欲しいなあ、事務所の人と話してみよう」というような言葉を吐いて、夫婦1匹ずつ抱えて歩いていくという事件が起こっていました。
見るからに、いいお年より夫婦だったので本気で欲しくなったのでしょう。

私たちは2時間ほど遊び、子どもが帰るのを泣いていやがるほど楽しみました。
帰るときには、管理人の人が帰ってきていたので、きちんと入園料を払いました。そのとき、売店にあったディズニーのタオル掛けをいただきました。
売り物なのにいいのかなあ、と思いましたが、何よりもそのおじさんの優しさが嬉しかったです。
・・・理想的です。
もっといろいろ楽しいことがあるのですが、行ってからのお楽しみ(?)です。

それから、近くの石打ダムに行ったのですが、また別の機会に紹介します。
今回は、理想的レジャーランド「三角ファミリーランド」から問題です。
この施設に行くとある放送がずっと流れていした。(いつも流れているのかどうかは確かめていません)その放送とは次のどれでしょうか。

①NHKラジオ放送
②DOYO組の童謡音楽
③日本昔ばなし(常田富士男版)
④有線放送海外ポップス100
⑤ビリーブートキャンプ

人気ブログランキングへ

九州の人気ブログランキングへ

ヒントと前回の答え
検定に出ない熊本雑問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
県内初の国宝ですか。
2008 / 04 / 18 ( Fri )
人吉市の青井阿蘇神社が県内初の国宝になるそうですね。
本家(?)の阿蘇神社は、ようやく国指定の重文になったというのに・・・
実際に行ってみると分かるのですが、茅葺の楼門は歴史を感じさせてくれます。
もうすぐ蓮の花の時期になるので、行ってみたいと思います。
青井阿蘇神社

昼食はうなぎで決まりです。(どっちにしようかなあ)
仕事中なので、簡単な記事で失礼しました。

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白い・・・
2008 / 04 / 17 ( Thu )
気がついたら、2008年度の熊本・観光文化検定の実施日が発表されていました。
熊本商工会議所のホームページによると、上期が9月、下期が2月と昨年度同様に実施されます。
詳しくはこちらで。

ところで、巷では、「白いたいやき」なるものがうわさになっていますが、先日初めて見ました。
見たというのは、食べていないという意味です。


焼ける前だから白いのではありません。焼けても白いです。人気のようでした。
(商品を買わなくても写真は撮るという図々しさが最近身に付きました)
ここは宇城市のショッピングセンター「イオンモールバリュー」ですが、熊本市から来る途中の国道3号沿いには、「日本一のたいやき」(富合?)なるものもあります。
店のおじさんとケンカしても、逃げる間がないほど、売れているようです。(失礼しました)

白い・・・が売れているのは、ベースが確立されているので、そのアレンジには珍しくてもある程度信頼性があるからだと思います。食べてマズければそれまでです。普通の味でも、「珍しさ」というスパイスが効いているので、売れるでしょう。つまり、試してもらえる確立が高いのです。

クドくなってきました。すいません。

白いたいやきを見て思いました。
熊本名物の辛子れんこんも、バリエーションを増やせば知名度も高まるのでは・・・と。
中身の辛子味噌を変えると、辛子れんこんではなくなってしまうので、外側だけ変えるのです。
「白い辛子れんこん」(かまぼこ風味)、「黒い辛子れんこん」(イカ墨)、「緑の辛子れんこん」(青汁入り)、「金の辛子れんこん」(・・・)など。すでにあるかもしれませんが・・・。
(普通の辛子れんこんが、おいしいがどうかということは、ここでは議論しません)

新しい名物を生み出すのではなく、これまでのものを新しくするほが近道のような気がします。
言うのは簡単と怒られそうですが・・・
ところで、白いたいやきは、おいしいのでしょうか?

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
検定に出ない熊本雑問題その2
2008 / 04 / 16 ( Wed )
個人的な話になりますが、私の実家は、熊本市中心部にほど近い、さほど遠くない西部に位置するところにあります。
ここは、国指定史跡である「池辺寺跡」が発掘されています。子どもの頃は、昔話でよく聞いていました。大きな池があって、竜が棲んでいて、お坊さんが退治したとかしないとか・・・。
この辺りには広大な寺院があったらしく、現に竹やぶなどを掘ると、仏像や板碑などが出てくるようです。地元の人たちは国指定になってから、そういうのが出てきたと知られると、調査等でめんどうなことになるのでそのままにしているということも聞きました。
下は、実家の近くにある広場(昔私が行っていた保育園跡)にある記念碑です。

2歳の娘を散歩がてら、ここに連れてきて、説明してあげました。
娘は指を指して、「おっきいねぇ」と感動していました。
理解してくれたようです。

池辺寺のことはこちら(熊本市HP)
伝説についてはこちら(熊本市HP)※かなり省略してあります
まさに熊本・観光文化検定にも出てこないし、くまもと水検定にも関係する逸材です。

私もそうでしたが、地元の人たちは、伝説として大切に守り継いでいます。
小学生の頃には、「これがそのときの竜のウロコです」と住職さんに見せてもらった記憶があります。
ここで問題です。
その伝説を地元で語り継いでいる方法の一つとして正しいのは次のどれでしょうか。

①小学校の裏にある山で発掘調査を独自におこなっている。
②最新のCG技術を駆使した映像を年に1回鑑賞している。
③長老と呼ばれる語り部が、各家庭を毎日回っている。
④ストーリーが描かれた絵巻物を年に1回公開し、語っている。
⑤紙芝居のおじちゃんがウロウロしていて、いつでも聞ける。

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

ヒントと前回の答え
検定に出ない熊本雑問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の旬
2008 / 04 / 15 ( Tue )
春の旬の一つにタケノコがあります。
「竹」の「旬」と書いて「筍」。
実家では、隣の竹やぶから、うちの敷地へと勢力拡大を図ろうと、春先になると次々と頭を出していました。タケノコを掘るというよりも、庭が竹やぶにならないように防御していたという印象です。

話を聞くと、地面の落ち葉(笹)に隠れているくらいがおいしいということで、それを探すのに苦労するそうです。掘るのにもコツがあるとか・・・。
そんな話を聞いた後に、下のトラックを見かけました。


ちょっと分かりづらいかもしれませんが、大型トラックに山積みされたタケノコです。一瞬何か分かりませんでしたが、しかもキレイに皮もむいてあります。山のようなタケノコを見ると、タケノコ掘りの苦労話はなんだったのか・・・と思いました。
おそらく熊本産でしょう。(熊本のトラックなので)
こんな裸の状態でどこに行くのでしょうか。缶詰工場かな?

旬というと、期間限定、希少価値、というイメージがありますが、せめてシートで隠してほしかった。
でも、一つくらい転げ落ちてこないかな、とも思いながら、車間距離を長めにしばらく追走したのでした。
(おわり)

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見いろいろ
2008 / 04 / 14 ( Mon )
花見シーズンもようやく一段落したようですね。
阿蘇のほうでは、まだ賑わっているようですが。
今年は、途中冷えたせいもあり、例年よりも長く楽しめたようです。
会社が熊本城の近くにあるせいもあり、毎日のように眺めていました。

このように花見と書いたら、皆さんは「桜」のことをイメージされるでしょう。
もちろん桜のことを言っているのですが。

先日、荒尾に行ったときのこと、下の写真のような白い花がたくさん咲いていました。
梨の花

その白い花は、特産の荒尾梨(ジャンボ梨で有名です)の花だったのです。
荒尾では、「花見に行く」といえば「梨の花」らしいです。荒尾人に聞きましたので、ウソではありません。(誇張はあるかもしれませんが・・・)
梨畑にブルーシートを敷いて、弁当やお酒を持ち寄り、ワイワイと・・・・。
ようは、上に花が咲いていれば何でもいいんでしょうね。

余談ですが、梨そのものもおいしいですが、梨で作った「焼肉のたれ」がとてもおいしかったのが印象に残っています。荒尾ではなく、氷川(こちらも梨で有名)の物産館で買ったものです。ぜひお試しください。

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
検定に出ない熊本雑問題その1
2008 / 04 / 11 ( Fri )
昨日だったか、NHKラジオを聴いていると(車内ではもっぱらNHKです)、歌謡ショーのような番組をやっていました。小林幸子や山本譲二など大物が出演する中で、「天草二郎」という名の演歌歌手が登場しました。(以前聞いたことがあるような、ないような・・・)
全国放送です。天草のPRもさりげなくしていました。そもそも名前が「天草」ですから。
地元・天草では大変有名のようです。

でも、この「天草」という字は、一般的に「てんぐさ」と読みます。ところてん(漢字では心太!)の材料です。おそらく、名前を憶えてもらうまでは「てんぐさじろう」と思われていたことでしょう。

地名には、しっかりとルビをふりましょう。

熊本からは演歌(歌謡曲)の大物が数多く輩出しています。(ここでは省略)
二郎さんもがんばってほしいものです。先日第2弾シングルが出たようです。詳しくはこちら。4月13日には地元で新曲発表会もあります。

ここで「天草二郎」さんをもっと知るための問題です。
彼の2つ曲には、ある共通点があります。それは次のどれでしょう。

①両方タイトルに「天草」が付いている
②カップリング曲は両方「阿蘇」がテーマ
③HIP HOP調
④両方タイトルに「有明」が付いている
⑤両方カバー曲
九州の人気ブログランキングへ

ヒントと前回の答え
検定に出ない熊本雑問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
桜の季節に
2008 / 04 / 10 ( Thu )
昨日引っ越したばかりなので、本格始動には時間がかかりそうと感じつつ、「ふと」思ったことで間を繋いでいきます。
軽いノリなので、聞き流してください。

と、思ったら、今日10日は「この旅あっぱれ!くまもと観光キャンペーン」の最終日。
パンフレットの特典クーポンも今日までしか使えません。
(知らないフリして使えばもしかして・・・の良心的なところもあるかもしれませんが)
行きたくても、行けなかったところは、ゆっくりと調査したいと思います。

今考えると「あっぱれ!」ってフレーズはいいですよね。
決して、O沢親分からのパクリはでないでしょう。
おそらく、
「五感に響く旅」→「五感は英語でthe five senses」→「sense(センス)」→「扇子」→「あっぱれ!」
という元が分からない連想の結果生まれたのだと想像できます。

ともあれ、。ブログは続きそうな雰囲気なので、そちらで楽しみます。

人気ブログランキングへ
九州の人気ブログランキングへ

独りごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ようやく準備できました。
2008 / 04 / 09 ( Wed )
大変お待たせしました。(待ってない?)

ようやく、新しいブログの準備ができましたので、御挨拶です。

スタンスはこれまでと変わりませんが、チャレンジ精神を忘れないようにがんばります。
環境が変わり、新しい情報が入りづらくなりましたが、これまであったものを“新しい視点”で情報提供できればと思います。

よろしくお願いします。
九州の人気ブログランキングへ

お知らせ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。